Question
12 Mar 2017

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

作文を添削していただけませんか。🙏🙏🙏


みんなさん『カルテット』というドラマがしっていますか。ある日、偶然出会った男女、全員三十代4人が、叶えられなかった夢を胸にカルテットをくみ、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになる。。。というストーリーです。このドラマはなかなか人を引き付ける力があるので、中国でもヒットした。そして、この中で、一番、私たちを感動されるのは、恋以上で、仲間あいだでお互いに支えている感情かもしれません。人生には、三つ坂があるんです。上り坂、下り坂、まさか。主人公巻真紀の人生は意外が連続に起こす、カルテットのメロディーと共に、行き場所が見つけて、意外に仲間と出会った、そしてDoughnuts Holeというカルテットを組んた。そのなかのセリフが言った通り、レモンが嫌い人の前で、唐揚げでレモンかけたように、起こったことはもう元にもとらない。唐揚げがどうでもいいけど、私たちの人生の中で、確かに休止符みたな不可逆事件がいっぱいある。、その時、君の後ろに立っている人は誰かが覚えますか。もし何年後、飲みながら過去のことを振り返るとき、昔散々した自分を対してまた笑えるなら、あれ多分仲間の力だと思う。「ああ~あの時大変だな!」と言った、目の前の唐揚げを取って、食べった。誰か支えてくれられたから、悲しいなんか感じられなくなった。悲しいというと、悲しいより悲しいことって、何だろう。冬の軽井沢の朝、鳥が木の梢で立って別荘から流れてやさしいバイオリンの音を楽しめった。もし、あの柔軟に演奏している人が今涙が目に溢れていることは見ないと、この世界はいつも軽井沢の朝のような素晴らしいと思うだろう。悲しいより悲しいのはぬか喜びだ。真紀さんはそう言った。ぬか喜びは、好きな子に対して、素直に本音を言えないこと。どんな努力しても、他人に认められないこと。夢を追いかける途中、現実に負けだこと。それは誰でもしていっても、涙を禁じ得ないものだ。しかし、君のそばに、きっとそういう存在がある。泣いてる時、「大丈夫か」って聞いて、疲れ時、カツ丼ごちそうをしてくれる人。そういう人が存在していて、支えているから、私は絶対たおれないと信じる。彼らのチームネームと同じ、人はDoughnut Holeのように、甘い喜びに夢中するながら、欠点がある。そして仲間の生き甲斐は、お互いの空を埋めることだろう。もし、人生は優れだメロディーなら、人と出会うことは情熱が溢れているシンフォニーだ。

Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)

Japanese
Similar questions