Question
4 Jun 2017

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

  『仮面の思想』を読み終わったあと、多くの感想を得った。    この文章に通じて、私も仮面に対する知識をたくさん了解した。   「世界の諸々の文化には、ほとんど一つの例外もなく、仮面というものが存在しているようなのである。」、「古今東西を問わず人間のいるところ仮面というものは必ず存在している。」確かに、筆者の述べるとおり、仮面文学の歴史が長い、ニューギニアだけでなく、中国は最も豊富な仮面文化がある国の一つとして、中国の仮面文化の歴史は太古時代の舞踊に始まるそうだ。    古い時代の人間はさまざまな異形の仮面をかぶって歌ったり踊ったり、たくさんの神秘的な祭りを行い、あるは今までも続いている。そしてたくさんの神事と関わる人が現れた。     人間は神に近づくため、仮面を創造し、神と人間を結ぶ橋としている。しかし、人間の素晴らしい願望に過ぎない。いわゆる人間ガできた仮面 とは様々な神様の様子よりも、むしろ人間自身の姿のほうが適切だ。なぜならば、誰も本当に神を見ることを見ないからだ。換言すれば、ただ自分を頼るだけかもしれない。もちろん仮面は神秘で不思議な文化であり、勝手に言わないと思う。 ところで、すべての現代人は仮面をかぶって生きるのではないか?他人の目に迎合するために、装身や化粧や話し振りなどによって外面的に自らを変えて、真実の自身を隠す。人生とは芝居のことだ。

これは先生がくれた宿題です。もし何か間違いがあったら、教えていただけませんか?   

Answers
Read more comments

Japanese

Japanese

Simplified Chinese (China)
Similar questions