Question
16 Jun 2017

Closed question
Question about Japanese

このドラフト会議はCPBL史上最大の豊作ドラフト会議といわれる。全体1位に元ボストン・レッドソックス俊足外野手林哲瑄、全体3位に元シアトル・マリナーズ傘下AAA野手蒋智賢、全体4位に王、全体5位に元デトロイト・タイガースのサウスポー倪福徳、全体6位に東北楽天ゴールデンイーグルスの所属右投手宋家豪、全体7位に元オークランド・アスレチックス傘下二塁手潘志芳、全体8位に18歳の若さでレギュラーの座を確保した天才ショート林承飛。他に北海道日本ハムファイターズが入団テストを行った左腕投手羅華韋、元ニューヨーク・ヤンキース傘下三塁手郭阜林、元シカゴ・カブス傘下右腕投手王躍霖、元シアトル・マリナーズ傘下右腕投手陳敏賜など大物ぞろいのドラフト会議であった。元福岡ソフトバンクホークス左腕投手陽耀勳が指名漏れになるほどだった。 does this sound natural?

Similar questions