Question
7 Nov 2017

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

大学院の研究計画書です。添削いただけないでしょうか。

『竹取物語』から古代の女性の自己意識とその成因について


1.研究開始当初の背景
『竹取物語』は、日本最古とされる物語である。『竹取物語』は通称であり、『竹取翁の物語』とも『かぐや姫の物語』とも呼ばれた。作者は不詳、原本は現存せず、最古の写本は天正年間に書かれて、仮名によって書かれた最初期の物語の一つである。それを突破した当時の日本の文壇は和歌と漢詩を一統の局面は、日本文学の古典小説は叙情诗に発展のマークが、正式に日本文学ジャンルを確立した新たな地位、開いた日本文学の新モデルは、日本後世に大きな影響を与えている文学創作。

日本学術界は『竹取物語』の研究の重点は『竹取物語』で主人公かぐや姫の罪と罰の探求(例えば日本学者は岡崎祥子と安藤重)と『竹取物語』と古代中国チベット族伝説『斑竹娘』の比較研究(例えば日本学者は伊藤清司と君島久子ら2者の物語や交渉関係原型の研討)、中国の学者たちは注目して『竹取物語』と日本の竹の文化の間の連絡や『竹取物語』で中国へ奔月神話と古代中国の道教や仏教思想の受容と変容である。

中国学術界は日本古代文学の中で「女性の自己の意識」や「女性の地位」の研究の多くは『竹取物語』の後に出現の『源氏物語』や『蜻蛉日記』や『枕草子』や『更級日記』などを研究対象として研究を行うと討論して、『竹取物語』を研究対象にした文章は珍しいです。筆者は唯一検索する研究の『竹取物語」と女性の間の関係の中国の学者の文章は何小凤の『<竹取物語>の女性崇拝探究』。したがって、『竹取物語』に登場した「女性の自己の意識」の研究は今研究の穴。
「竹取物語」について本年代にはいまだに論争がある。本文はその本の年代のこだわりをしない、本になる年代の大体の推定だけで、(きゅう、く世紀前半からじゅう世紀初め、日本の平安時代)それを背景として、この本で出た「女性の自己意識」を研究します。

2.研究の目的
文学作品の創作には作者自身を取り巻く時代の局限いつも離れないから、文学作品の中に作者の置かれた年代の思潮がよく覗きます(作品に現れた思想が主流の思潮か非主流の思想観念か区別しないで ただその時代にすでに現れだけの思想を探究します)。日本の有名な学者本居宣長「大凡の物語は、世の中のすべての善悪を表現、驚き、哀歓などさまざまな情志、それらを一幅の絵のように、人々の前に絵巻みたいを現す」と指摘しました。『竹取物語』として日本の文学史の上で第1部の物語文学、基本的に「物語」という新しい文学形式の主旨を体現した。
『竹取物語』は明らかな民間伝説の性質と特徴のロマン主義フィクションを持つの文学作品だが、その流れ度や社会受容度を見ると、それは一定の程度でクリエイター当時生活の現実世界の民間の思想を反映しました。
『竹取物語』には「女性の自己意識」は日本の古代の文学作品、初めてその豊富な形で表しました。『竹取物語』からその創作の時代の「女性の自己の意識」を掘り起こす、増補今学界日本古代の女性が「女性の自己の意識」研究の空白にとって役立つ、日本の古代の「女性の自己意識」の発展と変化などに関する研究を推し進める、さらには日本の女性の社会地位変遷の理解を深めるのに役立つ。


3.研究の方法
今後『竹取物語』では体現された「女性の自己意識」その成因及びの研究深くについて、具体的に次の2つの研究方法を取りますと思います:
第一に、収集と総括文献法:インターネットを借りて日本の文献データベースから検索したり、図書館の検索を通じて読むの文献資料などを探すし、日本に対して古代の女性のために「女性の自己意識」による研究の文献資料を獲得し、そして本研究課題に関する研究の最新の動態をいつ注目し、既往は、既存の研究成果分析と比較することを行い、その中から代表的な事例を探し出して本文のいくつかの観点を支持する。
第二に、比較研究法:日本国及び中国の大量の資料や関連の学術成果の研究を借りて、多数の角度、違った視点を、縦と横で分析します、そしてその他の関連分野の優れた研究成果に参考して、自分の構想を拡張して、情報量を増加します。

4.研究の内容
(1)『竹取物語』に「女性自己意識」の体現
① 女性自己意識の定義
自己意識とは、自分の感覚、思考、行動などの活動を通じて、自分の心身の活動が気付く、すなわち自分は自分にとっての認識。具体的に、自分の生理状況、心理的特徴、自分と他人との関係を含む。
「女性の自己意識」とは女性たちは自分の本質を認識するの意識、つまり、女性は自分の地位、作用の認識の過程の中で体現したの女性は人間としての価値。
② 『竹取物語』に現れているの「女性の自己意識」
『竹取物語』は主に3つの部分から――「かぐや姫誕生」、「プロポーズの難問」と「天回月宮」。その中で、かぐや姫の自己意識が「プロポーズの難問」という部分を主に集中に体現しているという。この部分は五俗っぽい纨绔のプロポーズに語った、かぐや姫は機転で彼らを探られる5件の類いまれの秘宝の方式を彼らの正体は暴露して、それによって抗婚しました。
「プロポーズの難問」の始まり、竹取の翁がかぐや姫を婚姻の事考えて、「翁年七十に餘りぬ。今日とも明日とも知らず。この世の人は、男は女に婚ふことをす、女は男に婚ふことをす。その後なむ門も廣くなり侍る。いかでか然る事なくてはおはしまさむ。」と勧告しました。でも かぐや姫は結婚は自分の居場所を認められないで、「よくもあらぬ容貌を、深き心も知らで、徒心つきなば、後悔しき事もあるべきをと思ふばかりなり。世の畏き人なりとも、深き志を知らでは婚ひ難しとなむ思ふ」と竹取の翁を反論しました、この段からかぐや姫に結婚の見方と彼女の内心に求婚者が持つ警戒心と彼女の自己意識を見抜くことができた。
「プロポーズの難問」でかぐや姬はその4位大臣の偽宝物を成功に見破る、そして1位の大臣は腰を折って二のプロポーズが放棄。かぐや姫は一人一人の求婚者に直面した時の形態と言語は彼女の結婚恋愛観を反映して、彼女は明らかに彼らは難題を吹っかけると、彼女は彼らどの方と結婚の願望でもなかった。ここから私たち見苦しくないで、かぐや姬は個性であり考えであり、社会一般にの考え約束しないで、「女性の自己意識」を持つの女性である。
また、「御狩のみゆき」の部分はかぐや姫は強権に抗うと強い自己意識の反応が出た。使者はかぐや姫の家に来たかぐや姫に宮へ天皇と合われる時、かぐや姫は死相に抗する、甚だ強かと;竹取翁が宮殿に入るのため彼女を勧めで彼女も死相に抗する、「猶虚言かと、仕う奉らせて、死なずやあると見給へ。數多の人の志疎かならざりしを、空しくなしてしこそあれ。昨日今日帝の宣はむ事につかむ、人聞やさし」と直接に言いました。
天皇の当面のプロポーズと彼女に輦車に強引に引いてとき、かぐや姫は更にけんもほろろに断る甚だ天皇に彼女の姿が見えないに至って。
封建的な古代には、女性として、かぐや姫は自分の不満をこのような言葉と行為で思い切って表現する、これは女性は自己を追求するの過程の体現しましょう。
かぐや姬は神仙として身分が高いけど生き生きしていると、感情が鮮明で、彼女が身につけた強い女性は自身と世界の思考にとっても現実的の意義があります。
また筆者は『竹取物語』の最後の部分に「天の羽衣」の中の「飛天」の筋は「女性の自己の意識」の反抗と美しい希望をたくされていると思います。人間はかぐや姫こんな強い自己意識を持つの「奇女子」を収容できない、この国土のルールを守らないの彼女はまたちょうど神様であり、かぐや姫は彼女の心の考えを最後まで守りますし、彼女の「女性の自己意識」は彼女と一緒にクリーンな象徴の月宮が飛ぶ。

(2)『竹取物語』の創作時代に「女性の自己意識」の成因
『竹取物語』にかぐや姫が体現された「女性の自己意識」の成因にとって、筆者は主に以下のいくつかの理由を推測して:
①その時代の背景が養成
『竹取物語』の大体の書く時間は日本の平安時代、この時期の日本の歴史は重要な変革を経験した、特に9世紀後半から10世紀までの時期に、政治は中央集権的な律令制に摂関政治へと大きく方針転換した、文化は漢風の文化から和風の文化に移行する、文学には漢文学の最盛期から日本民族の文学を発展するの重要な時期。平安時代の漢文学、和歌文学、物語文学、日記文学は日本文学史の上でも重要な地位を占有して。『竹取物語』の中で体現された「女性の自己の意識」と書く時代鳥の両翼だが、具体的にその時代とどのような連絡がありますのはまだ平安時代に理解を深めてなれると推論しますの必要があります。
②婚姻制度について
古代では、結婚との明確な形式がなくて、恋愛関係も自由で、男女の関係は平
等だった。平安時代になって、夫が妻の実家に定期的に会いに行く通い婚が流行
になった。「問妻」制度は、男と女が恋愛が始まる日から、男性の方が一定期間
ごとに実家に住んでいる妻を見舞いに行く制度だ。これは中国雲南の摩梭人実施
する「走婚制」とよく似ている。そして、男が女の家に通って夫婦関係を発生し
て結婚関係を確定する。その後、とても長い歴史時代に「問妻」制度がずっと実
施された。結婚を認めるのは普通女性側の親であり、中心も女性である一種の婿
取り婚だと思われる。女性側では多くの飲食物で婿を歓待し、親戚らを招いて婿
を披露する宴会を催する。
「問妻」制度では、夫婦両方が別れやすいし、妻にとってはかなり辛いものだ
った。それは、一種の不安定な婚姻制度で、通い婚の場合、新婚時には男は新鮮
で頻繁に妻のお見合いをする。しかし、女が妊娠したり、時間の経つにつれて男
に他のいい人ができたりして、その回数がたまになって、最後は完全になくなる
ことが多かった。夫が妻をひたすら待たせるだけで、訪ねてこなくなれば、名義
的離婚になる。その時代に普通の男は全部愛人があって、何名の女性と不正当の
関係をもってある。夫が浮気をしたり、愛人を作ったことがわかってもどうする
ことができなかった。ただ、その結果を受けて離婚になる心理的準備をするだけ
た。
だからこの結婚制度下の女性が持つの自己意識は必ずその時代の影響を受けている。
かぐや姫は男性の求婚者に抱く警戒態度から、平安時代の婚姻制度はその時代の「女性の自己意識」の影響は大きいが、具体的にこのような制度がその時代には女性のどう影響するのは後日に平安時代の女性文学(例えば『源氏物語』や『枕草子』、『更級日記』などの作品)を突っ込んで研究しますと出すことができる。
③女性の社会地位の原因
平安時代は通い婚を実行しますので、女性が財産を相続する権利がありますや当時の日本宗教は女性の地位が高いなどの原因は、平安時代の女性の社会地位が高いである。これは「女性の自己意識」の形成にも大きな影響を与えるであるかもしれない。 
平安時代の女性の社会地位に筆者が現在に触れた文献は有限で、現在では中国の学者の研究についても少しをのぞきだけから、平安時代の女性の社会地位はどのように同時代の「女性の自己の意識」を影響するのが、そのつながりは今後の研究を深く理解するから探し出す。

5.研究の意義

ここ数年、『竹取物語』に対するの研究は「女性の自己意識」にはほとんどと関連しないで、両者の関連を掘り起こし、現在の「女性の自己意識」と女性の社会地位関係分野の学者が新しい発想の論点に提供するに役立つし、現代の物語研究は新しい切り口を開発するに役立つし、現代社会は物語形式対して理解を深めるには役立つ。また『竹取物語』と『斑竹娘』及び『竹取物語』は中国文化の受容と変容は中国の学者は昔から注目されで、『竹取物語』から「女性の自己意識」と研究するのは日中両国の文化交流を促進するし、中国の学者は中国の古典神話と文学作品に現れた「女性の自己意識」についての研究を助長します。

終わりに

資料の不足及び分析能力の不十分のため、いろいろ未熟な考えはまだあり、論述も厳密さに欠けるところが多い。これらの問題は多少残念に思うが、今後の継続研究の出発点としてさせていただこう。

Answers
Read more comments

Simplified Chinese (China)

Japanese

Japanese

Japanese

Japanese

Japanese

Japanese

Japanese

Simplified Chinese (China)

Japanese

Simplified Chinese (China)

Japanese

Japanese

Japanese

Simplified Chinese (China)

Japanese

Japanese

Japanese

Japanese

Simplified Chinese (China)

Simplified Chinese (China)

Simplified Chinese (China)

Japanese

Simplified Chinese (China)

Simplified Chinese (China)
Similar questions