Question
Missing thumb gray@2x
Deleted user
16 Nov 2017

Closed question
Question about Japanese

オウィディウスの「変身物語」とは、新たな身体が、次から次へと生ずる、普段制限中断される、自由といったものを作り出すのであって、人間と獣、生き物と無生物、男性と女性、のどれもが、お互いに流れ込みうるようになる。「変身物語」は、歪められたもしくは不自然な臓器そして身体的な変身によって、全身より、寸断された体を描写するわけなのですが、主なテーマとして変身を選択することによって、一貫性と秩序を主張する政治的、社会的、象徴的な制度で操られる創造的、もしくは無秩序的な要素を取り出すためには、安定した身近な身体が寸断される瞬間に着目を置く傾向がある。

果たして、身体のことを描写することによって、容易に古代古典では、「死」に関わる議論となることが少なくない。体とは、生物としての存在感、または、ほかの生き物と無生物との関係性などの証となっているのですが、同時に、オウィディウスが作った「変身物語」の世界では、神々は、我々と同じような要求、要望などを持つ身体を有するとは関わらず、無限の力や無死であることが、違うである。要するに、わたしたちは体のことを考えることによって、我々の哀れな事情に認識するようになるわけなのである。
does this sound natural?

ご添削をよろしくお願いします。
Answers
Read more comments

Japanese
Missing thumb gray@2x
Deleted user

Japanese
Missing thumb gray@2x
Deleted user

Japanese

Japanese
Missing thumb gray@2x
Deleted user

Japanese
Similar questions