Question
30 Nov 2017

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)
Closed question
Question about Japanese

質問が多すぎて、本当に申し訳ありません。

「生物多様性を維持するため、二つの方策が考えられる。」
「もう一つの対策は、人間の乱獲を取り締まることであろう。」
方策ではなく対策のほうがいいですか。
よく考えます。

「このように自然界の安定が脅かされ、長期的に生態系に悪影響を与えてしまう。」
「彼らによって自然界の安定が脅かされ、長期的な生態系(生物多様性の維持)に悪影響を及ぼす。」
「生態系」に添削してくださったので自然な日本語に感じますね。
しかし、
「トキがいなくなったという理由だけで、すぐに生物多様性が低下したとは断定できない」という筆者の考えに賛成である。
という文は、文章の第一文です。
だから「生物多様性」を書きました。


ご意見をいただけないでしょうか

「トキがいなくなったことだけで生物の多様性が低下したと結論づけるのはいささか軽率ではないか」という筆者の考えに賛成である。トキだけではなく、それに関連する別の生物種にも注目すべきだからである。生物多様性を維持するために、二つの方策が考えられる。
一つは、トキを放鳥する場所を再検討(けんとう)すること。すでにトキがいなくなった生態系は、トキには適さない場所だと考えられるからだ。例えば、カラスが少なくトキに優しい場所や、トキの餌となりえる生物が増えすぎた場所などが放鳥に適した候補地として挙げられる。そうすると自然環境にもいい影響を与えることができる。
もう一つの対策は、人間の乱獲を取り締まることであろう。トキの乱獲により生態系が変化し、その地域ではカラスのような特定の生物が大量増加した結果、新たな生物が入ることが難しくなっている。このように自然界の安定が脅かされ、長期的に生態系に悪影響を与えてしまう。
より長期的に、全面的に生物と人間の関係を考慮することが大切だと思う。


「トキがいないという理由だけで、すぐに生物多様性が低下したとは断定できない」という筆者の考えに賛成である。トキだけでなく、それに関する別の生物種にも注目すべきだからだ。生物多様性を維持するため、二つの方策が考えられる。
一つは、トキを放鳥する場所を再検討(けんとう)すること。なぜなら、すでにトキがいなくなった生態系では、再びトキが生存のは難しいと考えられるからだ。したがって、トキを放鳥するところは、競争相手が少なく食べ物が得やすいところだと思う。例えば、カラスが少なく、カエルやドジョウが多い場所だ。そうする事で生態の安定が得られると考えられる。
あるいは、人間による乱獲を規制することであろう。経済的な利益を追求した結果、トキを乱獲していた。それにより生態系が変化し、当地では特定の生物が大量に増えたので、新たな生物が入りにくくなった。特定の生物というと、カラスが連想できる。彼らによって自然界の安定が脅かされ、長期的な生物多様性の維持に悪影響を及ぼす。
より長期的にかつ全面的に生物と人間の関係を考えることが大切だと思う。
Answers
Read more comments

Japanese

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)

Japanese
Similar questions