Question
3 Dec 2017

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)
Closed question
Question about Japanese

「ものを大切にする気持ちを市場原理に取り組む」という考えに賛成である。私は、そうすることで生活者にも生産者にも良いことだと考える。理由は、次の二つである。
一つ目は、資源のむだづかいを省き、環境にやさしいからである。例えば、「ものを大切にする」という気持ちを持って、本体部分と表面部分を分けられる掃除ロボットを作り出すということだ。元々スイッチだけが壊すと捨ててなければいけないロボットは、ただ新しいスイッチを替わると使えるようになる。生活者は新しいロボットを買わなくて済むことで、資源のむだづかいを避けられる。
二つ目は、生産者にとって利益を得ることになるからである。例えば、売った商品の修理場がある生産者の例が挙げられる。買った商品の問題に(親密に聞く態度や)積極的に解決(かいけつ)する姿勢は、顧客に好印象を持たせるようになる。(修理場がある場合はない場合より一見コストがかかるかもしれない。)しかし長い目で見れば、企業に対する好意が増え、利益につながる可能性が高いのではないか。
以上のことから、「ものを大切にする気持ちを市場原理に取り組む」ということは、生活者にも生産者にも良いことだと考えられる。
does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)

Japanese

Traditional Chinese (Hong Kong) Traditional Chinese (Taiwan)
Similar questions