Question
8 Dec 2017

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

生物の遺伝情報の継承を担うDNAは、「生命の設計図」と言われる。生物の遺伝情報を操作できる技術「ゲノム編集」とは、何を意味するのか。その定義について、山極(2017)は、「ゲノム編集」とは、酵素を用いてDNA鎖を変化させる遺伝子操作の技術であると述べている。
「ゲノム編集技術」は、近年急速に幅広く進んでいる。生命科学を一変させたと言っても過言ではないだろう。日本経済新聞(2016)によると「ゲノム編集技術」は、1996年に登場して、2012年の研究の起爆剤となる「クリスパー・キャス」の開発より急速に普及している。目下のところ、めざましい進展を遂げた「ゲノム編集技術」は、農畜水産業や医療など様々な分野で多大なる利益が得られた。しかし、遺伝子を改変させることで生物の安全性を担保するのは、非常に困難である。日々の暮らしの中で身近な食品や命に繋がる難病の薬などゲノム編集技術の応用を慎重に考えなければならい。また、人間にとって都合の良い「ゲノム編集技術」は、他の生物や自然環境にとって都合の良いを意味するわけではない、国際社会全体によってその安全性の評価作業を行うべきだと思う。
does this sound natural?

レポートの一部です 修正していただきたいです。よろしくお願いいたします。
Similar questions