Question
8 Dec 2017

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

産経新聞(2017)において、ゲノム編集技術の評価方法について、「ゲノム編集技術が、技術・倫理・法律・価値観などの面でどのような形の問題であるのか、バランスのとれた全体像を描いて社会に対して提供する、テクノロジー・アセスメントの作業を行うべきだ」と述べている。筆者はこの主張に賛成する。遺伝子を意図的に設計する「ゲノム編集技術」の開発には、多大なる利益を期待する一方、一国家のではなく国際社会全体の合意と厳格な規制を考えねばならないと思う。
4.おわりに
革命的遺伝子を改変技術「ゲノム編集」は、農畜や工業、医療、生殖など幅広い領域に応用され、従来の遺伝子の弱点を克服する半面、技術の安全性や生命倫理の論争など問題は著しいである。世代を超えた影響が懸念されることで、社会合意の形成や通用規則の設定が我々に直面する重要な課題である。

レポートの一部です 修正していただきたいです。よろしくお願いいたします。
Answers
Read more comments

Japanese