Question
26 Dec 2017

  • Simplified Chinese (China)
Question about Japanese

‎これは私が書いた発表の文章です。自然かどうかはわかりませんから、皆様は私を修正してくださて、助かります。よろしくお願いいたします。

 日本の独特の地理環境と古い歴史は、独特な風格の日本文化を育ている。茶道、アニメ、飲食、歌舞伎といった日本らしい日本のユニークの文化現象を生まれている。
 文化は広い概念であって、今度、日本茶道をテーマにして、日本文化を鑑賞する。茶道は戦後日本の伝統文化の一つとして、日本国内はもちろん、海外にもその豊富で総合的な内容が認められてきた。
 茶の原産地は中国南方の地帯、四川、雲南の地域と考えられている。飲茶の風習は漢代には知られ、唐代に広く普及するようになった。日本の茶文化は中国から導入されたが、日本独自の特色もある。
 茶は最初に中国から日本に持たされたのは八世紀だと考えられている。当時、日本は遣唐使を派遣して、唐の文化を積極的に受け入れていった。茶は唐の最新の文化として、中国に留学した日本人僧侶によって導入された。茶は禅宗寺院を中心に普及し始めたので、茶道は濃い仏教の雰囲気がある。
 お茶の精神といえば、利休の唱えた「和敬清寂」四字の中に集約されているといってよいでしょう。まず、「和」、これはお互い同士が仲良くする、争わないという意味です。茶室の中雰囲気は和やかでゆったりとした時間が流れていくことである。次の「敬」は尊敬するの敬であって、これはお互い同士が敬いあうという意味である。次の「清」は清らかという意味である。それも目に見えるだけの清らかさではなく、心の中が清らかであるということを意味している。茶道具や環境が汚いと、相手の気持ちもよくなくなるだろう。最後の「寂」はどんなときにも動じない心である。例えば、茶道なら、お道具を忘れてしまったり、作法を間違えてしまったときにも、落ち着いて、それに対処する。
 「和敬清寂」この言葉は茶道の精神を表すと同時に、人生の教訓でもある。人間の間の付き合いは「和敬」という規則を守って、清らかな心の「清」を保つべきである。どんな事態になった時でも、それに動じないだけの心を持つということは「寂」である。

Answers
Read more comments

  • Japanese

  • Japanese

  • Japanese

  • Japanese

  • Japanese

  • Japanese

  • Simplified Chinese (China)

  • Japanese

  • Japanese

  • Simplified Chinese (China)

  • Japanese

  • Simplified Chinese (China)

  • Japanese
Share this question
Similar questions
Newest Questions
Topic Questions
Recommended Questions