Question
28 Dec 2017

Vietnamese
Closed question
Question about Japanese

港での自動的に税関管理システム展開・開設についての報告書
1. 出席者:
2. システム展開の前の現況:
―税関機関は 税関監視区域での貨物が倉に入れて保存して出る過程をまだ管理しません。
―税関申請者は通関手続きの為、税関機関、沖積土や倉や港経営企業、へ何度も行き来なければなりません。
―税関管理士は 貨物保存位置を確認するため、観察張を対象したり、港経営企業の貨物や倉を管理したりしなければなりません。これは港での貨物の監視・観察に面倒を掛けれいます。
要求:手続きを早く解決したり、企業の貨物運送や通関時間が減ったり、するため、税関機関と沖積土や倉や港経営企業が一致業務過程展開します。
3.展開現況:
―この提案は ハイフォン税関の局長を担当します。名前は‘港での自動的に税関管理システム’です。
―2017年8月15日から2017年11月31日まで50つの沖積土や倉や港経営企業での実検します。
―2017年12月1日からハイフォン市税関局で実現します。
4.展開利益
4.1 一般利益
―これは税関分野の行政手続き改善の一つです。税関機関、沖積土や倉や港経営企業での
過程にとっての、
―港での貨物輸出入を推進して監視したり、同時に税関申請者は 通関手続きの為、税関機関、沖積土や倉や港経営企業、へ何度も行き来なくてもいいです。
4.2輸出入企業にとっての利益
―税関手続き減小:税関監視区域で税関機関が条件を満たす貨物を確認・検査する書類を提出しなくてもいいです。(前、税関機関は 税関申請者が記入する29/30形により貨物が 条件を満たすかどうか確認しなければなりません。現在、港経営企業や税関機関は データを結んでいるので、貨物の情報を単に調べます。
―時間減小:
+税関機関、沖積土や倉や港経営企業、へ何度も行き来なくてもいいですから、貨物輸出入時間を5-7回減ります。(倉、沖積土の区域に税関監視部分が働いています。)
+港で貨物における輸出入企業を促進します。24時間のデータを交換・処理するシステムで輸出入企業は 税関就職時間を付属しなくて、港での貨物の輸出入を積極的に計画できます。内容は曖昧です。
does this sound natural?