Question
10 Jan 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

中国古典詩の魅力について、その受容と展開の特徴
中国古典詩は、数行のあ文字だけで、膨大な感情を込めている。官途や科挙の挫折で、酒を借りて、孤独、悲しみ 深い憂いなどといった感情をあらわれている詩もあれば、順風満帆で快楽な人生を送っていて、豪快な詩もある。感情を託すにもっとも使われているのはお酒である。詩人たちはお酒を借りて、こころの苦しさを訴える。あるいは快楽な人生を謳歌する。お酒と詩人の間では、見えない糸で結ばれていて、両者の間には絆が非常に深いである。酒と詩人とは切り離せない関係を持つ。酒好きな詩人と言ったら、陶淵明のような隠世な感情を取り込む詩人がいるのであれば、李白のような豪快な感情を取り込んでいる詩人もいる。お酒という感情を持たないものに、各詩人たちがお酒を借りて、快楽な人生を謳歌したり、不遇な苦悶を語ったりして、お酒に感情を込み、様々な感情がお酒という触媒でより立体感を感じられ、長い月日を経った今でも、それらの酒詩句を読むと、、詩人たちの苦しさ、楽しさが酒のかおりと一緒に漂ってきて、こころが不意に揺れてしまう。ここがまさに中国古典詩におけるもっとも重要な魅力の一つのではないかと思われる。本文には、東晋の詩人である田園詩の代表である陶淵明の詩句に着眼し、お酒と詩句の関係性を分析し、素朴で簡明かつ自然な詩句に漂っている酒酔い雰囲気と、さらに、その酒酔い雰囲気から見られる彼の淡白な仙人なる処世態度をについて分析を加えると思われる。

日本語授業のレポートです 長いですがご修正よろしくお願いいたします。
Answers
Read more comments

English (UK) Japanese
Newest Questions
Topic Questions
Similar questions