Question
29 Sep 2014

Closed question
Question about Japanese

いままで、「可能」文を作るときに、目的語にくっつく助詞「を」を、「が」に変えらなければないないと教えてもらいました。例えば、ケーキを食べる→ケーキが食べられる

しかし、時々、この法則を無視する例を見つけます。
例えば、貧困を断ち切れない。という分です。可能形だから、「貧困を」は、「貧困が」になるべきだが、なぜかそのまま「を」をつけています。

なぜですか?

Answers
Similar questions