Question
8 Apr 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

 宿題の文章です。何か文法的な間違いがあったら、遠慮なく教えてください。
 
   人はなぜ鏡に照らすことを恐れているのか
 中国であれ日本であれ、鏡は陰に属し、よく陰界と陽界を繋げる媒介として「邪気」つきの役割を演じている。では、人はなぜ鏡に照らすことを恐れているのか。
鏡に対する恐怖は3種類があると思う。鏡そのものへの恐怖、鏡が結像することに対する恐怖及び自分を認識することに対する恐怖が挙げられる。
 まさしく村上春樹が言われたように、「自分自身以上に怖いものがこの世にないのだ。」それは私に黒沢明の自伝「蝦蟇の油」を思い出させた。日本の民間にこのような物語が語り伝えられている。山奥には特別なガマがいた。同類のものに比べて、外見がもっと見にくいだけでなく、また足も何本多くしている。人々はそれを捕まえた後、鏡又はガラスボックスに入れると、ガマは自分の醜い外見を見て、体から油も出てきてびっくりせずにはいられなかった。
 人としてはなかなか素直に自分のことを口にすることができず、いつも本能的に自分のことを美化させようとしている。しかし、いつかあなたは鏡にある自分を見つけたり、又は鏡にある幽霊にびっくりされたり、自分の醜さにびっくりされたりして油も出てくるかもしれない。ただそのような油は病気を治療するための良薬で、その人をびっくりさせる霊体も実は本当のあなたなのだ。
 とはいえ、鏡に照らすことを恐れる人は必ず心が醜いと限らない。一人は長く鏡に照らすと、鏡にある自分が見知らないものに見える。それは短時間以内に、大脳の神経は多くの重複した刺激を受けると一部神経活動が抑制されることになるからだ。従って、リアル世界に身を置く我々は、鏡にあるバーチャル世界に直面する時に、たとえそれは1ミリもない銀メッキフィルムを知っても、頭に何千匹の邪鬼の姿も想像できる。
 もちろん、わざわざと鏡から人性の善悪美醜を照らし出す必要もなく、我々は普通な人間であって、簡単に顔を洗い化粧をして、身なりを整えば十分だ。この世界にはもともと何事もないのに、凡人どもが空騒ぎをしているからだ。

Answers
Read more comments

Simplified Chinese (China)
Missing thumb gray@2x
Deleted user

Similar questions