Question
4 May 2018

Closed question
Question about Japanese

結論: 自然なプロセスとして「日本人論」

 「私の研究テーマをめざして」という活動はとても役に立ちました。そのおかげで私の信念について考えさせられました。確かに一番面白い活動は対話でした。ダニエレさんとの対話だけでなく、4人のティームとの対話も面白かったです。対話のおかげで、意見の交換できて、ステレオタイプに関する態度変をわりました。必ず、「日本人論」に関する態度も変わりました。対話の前には、私はステレオタイプは表面的な態度から生まれると思いました。以前と違って、そいう自分の考え方自体としては、表面な態度だったと思います。対話活動後、こんな問題の複雑さをわかりました。もちろん、ステレオタイプが自然なプロセスであることを認識しました。私は人間がステレオタイプな考え方の傾向があることを知っていました。しかし、私はこれが無知と好奇心の欠如に関係している問題だと思いました。 代わりに、それは文化を超えたプロセスです。私たちが生まれたからずっとステレオタイプな考え方を吸収しています。一つのことについて意見を変えていませんでした。ステレオタイプは、個人ではなくグループを表している意図なので、ステレオタイプは事実を単純化するものと思います。 そして、個人との直接の関係がある場合でも、個人の誤ったイメジが続いています。それはよくないメカニズムだと思います。人口や民族が一定の特徴を示すと信じていること間違いです。 確かにこれは「日本人論」の現象の基本だと思います。その点について深く考えました。ステレオタイプを完全に打破することができないと思います。ステレオタイプが思考の限界にならないことが重要です。この活動の後、ステレオタイプへの興味が強いことがわかりました。さらに、「日本人論」への関心の理由も理解しています。ティームメートと互いに意見の交換してから、日本に関するステレオタイプの形成では「日本人論」は重要な役割を担ったことがわかりました。「日本人論」は自然なプロセスだったと思います。アイデンティティを確立する必要がある日本人によって生成された現象だったと思います。 そして、日本を形作る必要があった 「欧米」から生まれた現象だったと思います。

 「私の研究テーマをめざして」という活動のおかげで、ステレオタイプへの私の興味関心を高めました。。最後に、この活動は私の研究テーマに対処するために、新しい視点を教えてくれたと思います。




ちょっと長いですが、直していただけないでしょうか。ありがとうございます。
Answers
Read more comments

Japanese
Similar questions