Question
25 May 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

直していただけませんか。よろしくお願いします。
码坪町の清真寺は桂林市の七星公園のラクダの山の下にあります。清康熙十年(1671)に建てられました、もともとは宮殿式の四合院の構造建築で、500人の礼拝を収容することができます。門の前に小川があり、流れて下りるのがラクダ山です。清真寺の大殿の入り口にはラクダの頭と事が見えます。もともと回族の清真寺は桂林の東郊外の通り山の足もとにあり、初めに建てた清真寺が小さいため、ラクダ山の下に移りました。
中日戦争の時期、1944年に侵略された日本軍が焼却されました。1985年に再建され、1987年に竣工しました。码坪街清真寺には、大殿、経堂、池房、接待庁などが建てられ、建築面積は11 27平方メートルで、レイアウトが斬新で、古典的な民族形式が主で、現代建築芸術が融合しています。清真寺は、イスラム教の歴史、経済、教育、芸術、民俗、建築などの多くの文化の内包を沈殿し、民族感情を疎通し、社会の安定を守重要な橋となっています。イスラム教の七星景区の影響明代に始まり、码坪町の原は観光地内に位置し、桂林の一番早い回族人が居住地の一つであり、回族人がラクダの山の周りに集まって、農業を生として、和やかな生活を送っていました。戦いの時期の桂林回族は「戦教サービス団」を設立し、広範な民衆に抗戦の宣伝をし、七星岩では日軍飛行機を避ける民衆のために戦時教育を行いました。戦いに勝利した後、簡単な宗教活動の場所を築き、寺内で「広西回文専修学院」を創設しました。1987年码坪清真寺は竣工し、新寺は中国の民族形式と現代建築芸術と融合した新四合院の組み合わせであり、しきがいしゃてんが典雅です。国内外の観光客は七星公園を見物して、この見学、礼拝や写真記念を常習しています。現在、码坪清真寺は、寺飼業、帰民就職、観光事業などの新たな貢献を積極的に準備しています。
does this sound natural?

Answers
Read more comments

Japanese