Question
25 May 2018

Simplified Chinese (China)
Closed question
Question about Japanese

数日前、上海出張のついでに、ある商店でひとつ綺麗な色のシルクのスカーフが気に入った。このシルクのスカーフはもともと二百元以上がかかるが、現在は二本で百元しかない。ただし、一本のみ買えば75元だと店員が言った。わたしは一本のみ買いたかったが、75元にも多少高すぎと思う。二本で百元なら安上がりとはいえ、一本余して使われない。
そう考えているさいちゅうに、そばに居合わせ若い女性が話しかけ、提案してくれた。「わたしも一本ほしいので二人共同で二本を買いませんか。」と彼女が言った。
このような見知らぬ人同士で消費することは南方の都市の一端で流行しているそうだ。その消費ようがかねを節約られたり、好みの商品も仕入れできたり、且つひょっとして新し友達もできる。
購入個数いかんによって販売価格に差をつけるのはもともと販売促進商法のひとつである。店側として、客の共同購入を望まないのも決まっているだろう。にもかかわらず、万が一商品の品質上の不具合が起きた最後、一方だけレシートを持っているため、デパートによけいな手数がかけるべくしてかけるのだ。

前述の短文に何か相違点があるか。指摘いただきたいのです。
Answers
Read more comments

Japanese

Simplified Chinese (China)

Japanese

Simplified Chinese (China)

Simplified Chinese (China)

Japanese
Similar questions