あり方の例文や意味・使い方に関するQ&A

「あり方」の使い方・例文

Q: あり方 を使った例文を教えて下さい。
A: 会議のあり方
Q: あり方 を使った例文を教えて下さい。
A: 学校教育のあり方について考える。

「あり方」の類語とその違い

Q: あり方 と ありよう はどう違いますか?
A: 似ています。

使い方の違いを考えてみました。

店舗経営のありようは、今と昔ではだいぶ違う。
人口が減っていく地域社会の中で、この店のあり方を探っていかなくてはならない。

実際この言葉を使ってる人は、同じ意味で言っていることも多いです。例えば上の文章の中の「あり方」と「ありよう」が入れ替わっても、私はそのまま聞き流します。

あり方」よりも、「ありよう」の方が分かりやすい(見えやすい、理解しやすい)"状態"を言うときに使うと思います。

あり方」は
社会の中での存在、方向、未来の「あり方」も含む感じです。

ありようは「状態」 過去〜今
あり方は「状態」「方法」 過去〜今〜未来
って感じです。

「あり方」を翻訳

Q:あり方”って、どういう意味ですか? は 日本語 で何と言いますか?
A: ①物事の、正しい存在のしかた。→ 例:福祉のあり方
②現にある、存在のしかた。→例:その消息及び地形のあり方を伺る

「あり方」についての他の質問

Q: あり方 とは どう使いますか?日本語にはよく使っていますか?
A: ニュースや雑誌でよく使われています。例:「今後の世界のあり方について考える」

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

あり方

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問