かわるの例文や意味・使い方に関するQ&A

「かわる」を含む文の意味

Q: kawatta かわった とはどういう意味ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: かわった子だなぁ とはどういう意味ですか?
A: S/he is strange

「かわる」の使い方・例文

Q: かわっている を使った例文を教えて下さい。
A: 季節がもうかわっている。
The season has already changed.

彼女はかわっている。
She is strange.

いすの位置がかわっている。
The position of the chair has changed.

Q:かわって を使った例文を教えて下さい。
A: 「父に代わってその式に参加しました。」
“I participated the event on behalf of my father.”

「かわる」の類語とその違い

Q:かわって と のかわりに はどう違いますか?
A: 本日は@@先生に代わりまして、私がこの授業を担当させていただきます。○ (硬いニュアンス)/今日は@@先生の代わりに私が授業をします。(普通のニュアンス)
Q:かわって と かわりに はどう違いますか?
A: 「にかわって」は、主語が「かわる」ことができなければなりません。
「(私が)父にかわって、私が参りました」はいえますが、

「包帯がかわって、ハンカチで傷口を縛った。」は、言えません、
「包帯」は自分で「かわる」ことはできないので、「かわりに」を使います。

かわって」の例:
「彼が先生に代わって、日本語のかわりに音楽を教えます。」
「看護師が医者にかわって、薬のかわりに注射します。」
Q: ~にかわって *父に変わって、私が結婚式に出席しました。 と ~にかわり *首相に代わり、外相がアメリカを訪問した。 と 這兩個用法差異的說明,謝謝 はどう違いますか?
A:かわり and にかわって are completely same. these words meant ' in place of'
Q:かわって と にかわり はどう違いますか?
A: 〜にかわり is a written language:)

「かわる」についての他の質問

Q:かわって と にかえての区別についての質問です。

入院した先生にかわって、今は新しい先生が授業をしている。

入院した先生にかえて、今は新しい先生が授業をしている。

どちらも正しいでしょうか。
A: 「入院した先生にかわって、」
この部分の主語は何でしょうか?「新しい先生」としましょう。
⇒新しい先生が、入院した先生にかわって、今は授業をしている。

これは全然、何の問題もありません。


入院した先生にかえて、今は新しい先生が授業をしている。
この文を同じようにしてみましょう。
⇒新しい先生が、入院した先生にかえて、今は授業をしている。

「かえて」は他動詞なので、新しい先生が「かえた」という表現になっています。何かを「かえる」行為の主体者が新しい先生だということを述べるようになるのです。
ところがこの文からは、「かえた」ことの内容がまったく分かりません。入院した先生にかえて何をどうしたのでしょうか?

例えば「新しい先生が、入院した先生にかえて、自分の妹に授業をさせた。」という文であれば、何をどうしたということが述べられるわけです。ところが、元の文は「かえた」こととは関係のない、「その先生が授業をしている」という話に続いて行きます。

他動詞が使われると、このように主体者に関連して複雑な問題が起こる可能性が高いということなのです。


日本語は主語を使わない言語だというような説がいろいろ流れていますが、それは主語が明白な場合に頻繁に省略されるというメカニズムが使われているだけであり、主語の不要な言語ではありません。

文の内容を把握し理解するためには、主語は不可欠です。最初から日本語の形を真似るのでなく、その文で述べられている内容を明確に把握した上で、主語を省略するようにしてください。
Q:かわって この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q:かわって この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q:かわって この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: When is かわってゆく used in Japanese. Wht does it mean?
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

かわる

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問