さまの例文や意味・使い方に関するQ&A

「さま」を含む文の意味

Q: さま

「加わったりするさま」の「さま
「増すさま」の「さま」 とはどういう意味ですか?
A: 様子、という意味です
Q: さま (within phrases, like お疲れさまでした) とはどういう意味ですか?
A:

This さま would be originated from a honorific for name, such as 'Mr.' or 'Ms.', I think.

But like お疲れ様, as you know, it isn't used for referring person, even though it might connotate politely 'you', like ご苦労様 too.

Maybe because in Japanese, you don't use subject, so instead, you might mention 'you' politely by using 'さま',
I now think❣️
Q: さまにならないもの とはどういう意味ですか?
A: 格好悪い(Uncool)、しっくりこない(Something is not quite right) ふさわしくない(not suitable)etc.
Q: さま とはどういう意味ですか?
A: 様子(ようす)という意味です
Q: さま とはどういう意味ですか?
A: It's kind of a polite way to call someone. Basically it is used in business.

Royalunaさま(様)>polite and formal
Royalunaさん>less formal than さま

「さま」の使い方・例文

Q: さま (状態という意味の方。 神様や王様じゃなくて) を使った例文を教えて下さい。
A: 小川の水が美しく流れていく様を眺める。

彼女が泣き出す様を呆然と見つめることしかできなかった。

あの子はまだ小学生なのに、とても堂々としていた。その様は大人でも恐れ入るほどだった。

あの花の美しい様ときたら、見惚れるばかりだ。

あのとき、親の言うことを聞かなかったせいで、今この様だ。
Q: ~さま.......…..ように を使った例文を教えて下さい。
A: QAの全文をご確認ください
Q: さまでした を使った例文を教えて下さい。
A: お疲れさまでした。
ご苦労さまでした。
お粗末さまでした。

「さま」の類語とその違い

Q: どの と さま はどう違いますか?
A: どの=殿 is used only in written form, and it's put at the end of the social position, not names.
A section manager is 課長=かちょう, so you should write 課長殿, but you have to be superior to the section manager. Because どの is used to inferior people who are in the same company you work for. For example,the department manager can use 課長殿 on the envelope the department manager writes to the section manager, but a new employee can't.
And どの is used only in business these days.

様 can be used both in written and spoken form. An it's put at the end of names, and it can be used to the superior in the company you work for.
Q: どの と さま はどう違いますか?
A: どの→自分と同等または目下の人に対して
様→全ての人に対して
どの は人によって失礼になることがあります。
Q: どの と さま はどう違いますか?
A: Tono (殿【との】), pronounced dono (どの?) when attached to a name, roughly means "lord" or "master". It does not equate noble status; rather it is a term akin to "milord" or French "monseigneur", and lies below sama in level of respect. This title is not commonly used in daily conversation, but it is still used in some types of written business correspondence, as well as on certificates and awards, and in written correspondence in tea ceremonies. It is/was also used to indicate that the person referred to has the same (high) rank as the referrer, yet commands respect from the speaker.

Sama (様【さま】?) is a more respectful version for people of a higher rank than oneself, toward one's guests or customers (such as a sports venue announcer addressing members of the audience), and sometimes toward people one greatly admires. It is seemingly said to be the origin word for "-san" but there is no major evidence otherwise. Deities such as the native Shinto kami and the Christian God, are referred to as kami-sama, meaning "Revered spirit-sama". When used to refer to oneself, sama expresses extreme arrogance (or self-effacing irony), as in praising one's self to be of a higher rank, as with ore-sama (俺様?, "my esteemed self").

Sama customarily follows the addressee's name on postal packages and letters and in business email.

Sama also appears in such set phrases as omachidō sama ("thank you for waiting") or otsukare sama ("thank you for a good job").

With the exception of the Emperor of Japan, sama can be used to informally address the Empress and other members of the Imperial Family. The Emperor is, however, always addressed as Heika (Your Majesty).

reference
https://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_honorifics
Q: さま(様) と どの(殿) はどう違いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: がみーさま と かみーさま はどう違いますか?
A: 神 is read 'かみ', so 神様 is 'かみさま'.

When 神 is added after another kanji to make a compound, 神 is often read 'がみ':女神(めがみ)
So, 女神様 is 'めがみさま'.


「さま」を翻訳

Q: レイクルドラゴンさまのおかげで
このむらは みずがほうふなんだ
だから はたけのやさいも
よくそだつのさ!

Thanks to Mr. Lake Dragon, this village is water-rich.
Alt: Thanks to (Mr.) Lake Dragon, this village is plentiful of water
Therefore vegetables on fields also well growed [growing?] up! は 日本語 で何と言いますか?
A: レイクルドラゴンさまのおかげで
このむらは みずがほうふなんだ
だから はたけのやさいも
よくそだつのさ!

ですよ。

レイクドラゴン様のおかげで、この村は水が豊富なんだ。
Alt: レイクドラゴン様のおかげで 、この村は水が豊富なんだ。
だから、畑の野菜もよく育つのさ!
Q: お疲れさまです 의 さま 는 무슨 뜻입니까 は 日本語 で何と言いますか?
A: —님, —씨 などのような、相手に対する敬意ですね。
Q: Of course I know who Jigoro Kanoさま is. は 日本語 で何と言いますか?
A: もちろん嘉納治五郎様(Jigoro Kanoさま)が誰か知ってるよ
Q: さまさま は 日本語 で何と言いますか?
A: When I want to thank you, I use it after the name. but its including joking

「さま」についての他の質問

Q:さま はどういう意味ですか
説明した後で使わられるそうです
A:さま」は、「様子」のことです。何かの動きや外見を客観的に見て、描写する時に使われます。
Q: is さま actually used in real life? as an honorific: 田中さま
A: Yes we use very Formel situation.
Hotel worker, Hair salon or Shopping Store call guest with ,sama'.
Q: is sama written in hiragana or kanji?
さま

A: Either is understandable, but I hardly come across さま in a formal setting.
If the word has the kanji character(s), basically it has to be written in kanji. That being said, as long as it is distinguishable from the homonyms, you can use hiragana instead of kanji. In fact, writing a word in hiragana is prefered in some cases: making it sound casual; making it stand out in a sentence full of kanji characters; adding it multiple meanings when it has homonyms. Some people just arbitrarily switch between hiragana and kanji.
Q: ○○さま
いつもお世話になっております。
ご返信いただき、ありがとうございます。
○○さまの考え方にはかなり同感を持っております。
今度のNAMM(展示会)でお会いできないのは残念ですが、是非、来年の秋の上海展でご相談させていただきます。それによりまして、きっとお互いに需要などを深く理解ができるように存じます。
また、その時までに、ご都合がよければ、弊社で誇りをお持ちするサックスをご提供してはいかがでしょうか。弊社の商品をお目にかかれば、将来の商談に助かるのではないかと存じております。
再び、ご返信に大変有り難うございました。
末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。 この表現は自然ですか?
A:

​‎○○さま
いつもお世話になっております。
ご返信いただき、誠にありがとうございます。
○○さまのお考えには感銘を受けております。
今度のNAMM(展示会)でお会いできないのは残念ですが、是非、来年秋の上海展でご相談させていただきたいと思います。〇〇様の需要など 深く理解ができるかと存じます。
また、その時までに、ご都合がよろしければ、弊社自慢のサックスをお試し頂けますでしょうか。商品をご覧頂ければ、将来の商談の助けになるのではと存じます。
ご返信頂き重ねて御礼申し上げます。
末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

すみません、大分直しました。手紙の文章は難しいです。へりくだった書き方が無難だと思います。
Q: When should I use さま instead of さん?
Is くん used for all boys, or only for the oldest boy in a house?
Is ちゃん used only for girls in their teens and younger?
A: さま is used to respect a person.
For example, clients, gods, etc.
くん is used for all boys. But ちゃん is also used instead of くん before he goes to elementary school.
For girls, ちゃん is used more widely -- teens or younger.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

さま

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問