づらいの例文や意味・使い方に関するQ&A

「づらい」を含む文の意味

Q: イジりづらい雰囲気 とはどういう意味ですか?
A: the atmosphere which is difficult to make fun of someone.

「づらい」の使い方・例文

Q: づらい / 辛い を使った例文を教えて下さい。
A: このぺんは かきづらい kono penwa kakizurai
あのせんせいの テストは てんが とりづらい ano senseino tesutowa tenga torizurai

「づらい」の類語とその違い

Q: ~づらい と ~にくい はどう違いますか?
A: 同じですね!
例)・このハサミは使いづらい
・このハサミは使いにくい。
どちらにも使えます!
Q: XXづらい と XXにくい はどう違いますか?
A: 「しづらい」は心理的な理由によるもの、
「しにくい」は物理的な理由によるもの。

参考:
https://www.kotobano.jp/archives/1427
Q: づらい と にくい はどう違いますか?
A: ほぼ同じだと思います。
・上司にこの内容は、提案しづらい
・上司にこの内容は、提案しにくい。

「づらい」を翻訳

Q: What’s difference between づらいandがたい は 日本語 で何と言いますか?
A: づらい=辛い=大変
がたい=難い=難しい
Almost the same meaning.
づらいis subjective.
がたいis written language with limited use.
Q: 。。。づらい と。。。がたい の違いはなんでしょうか。

は 日本語 で何と言いますか?
A:
。。。がたい
→difficult to do
you are limited verb that you can use
For example
理解しがたい
賛成しがたい
許しがたい...etc
書き言葉

。。。づらい
→ reluctant to do
→difficult to do
The speaker feels mental distress

「づらい」についての他の質問

Q: does sentence with "~づらい" same meaning with "~つらい" that means "hard to ~"
A: つらいを使って文章を書きかえると、意味が変わってしまいます。

Hard to see →見づらい=見えにくい。「見るのがつらい」というのは意味が違います。見ることはつらくなくても、はっきり見えない時に見づらいを使います。
Hard to eat→食べづらい=食べにくい。「食べることがつらい」だと食べたくないように伝わります。食べづらいのは、食べたくても口の中でいっぱいかんでも飲みこめない時に使います。
Hard to listen→聞きづらい=聞こえにくい。「聞くことがつらい」だと、疲れで眠いために聞きたくない。相手の話が長すぎて聞くのに疲れてしまうから、聞きたくないという意味で伝わります。聞きづらいのは、聞きたくても周りの騒音が大きくてはっきり聞こえなかったり、話し手がモゴモゴしゃべって言葉が聞き取れなかったりする時に使います。
Q: can you combine づらい with なる to say like. Becomes difficult to study?

example 勉強しづらくなる
A: Your guess is correct.
「~しづらくなる」「~しにくくなる」means "become harder to ~" or "make harder to ~"

ex. "as you become older, it becomes harder to do the things you used to do. "
「年をとると、今までやっていたことをしづらく(or やりにくく)なる。」


for your information, opposite of 「~しづらくなる」 is 「~しやすくなる」

ex. "When rain's fallen it becomes easier to pull out weeds."
 「雨がふると、草が抜きやすくなる。」
Q: How are:

づらい、ずらい、and にくい different?
A: 分かり辛い=わかり+つらい ー>わかりづらい
ずらい とは書かない。

分かりにくい=分かり+にくいー>わかりにくい

https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/uraomote/023.html
づらい」は「…するのが耐え難い。」「…(し)にくい」の意
「にくい」は「…することが難しい」。
同じ意味と考えていいと思います。

言葉の出現時代は「にくい」が古く、10世紀には用例があります。「づらい」は19世紀になってから登場します。

「にくい」から「づらい」へ移行しているとも言えます。

「にくい」の方が長く使われ、「づらい」がだんだん台頭してきたと考えられます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

づらい

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問