なまけるの例文や意味・使い方に関するQ&A

「なまける」の類語とその違い

Q: なまける と おこたる と さぼる はどう違いますか?
A: なまけ…手を抜く、本気を出さない

おこたる…本来やるべきことをしない

サボる…休むべきではないのに休む

1.自分の責務をおこたってはいけない
(自分の責務はしっかりと果たさなければならない)


2.大会が近いから練習をなまけないように(頑張って練習するように)

大会が近いから練習をおこたらないように(しっかりと練習するように)

大会が近いから練習をサボらないように(練習を休まないように)
Q: なまける と おこたる はどう違いますか?
A: 怠るは(おこたる)職務上それをするべき義務や責任があるのにしていない。
例えばマンションの管理人は、決まった時間に裏庭の門の扉を閉め、
施錠しなければならないのに、それを怠ったため、泥棒が入って自転車を盗まれた。
職務上の怠慢は責任を追及されます。悪くゆけば処分され職を失う。
怠けるは自分自身家族、個人に係わることなので、結果は自分に跳ね返ってきます。
部屋の整理整頓を怠けていたら大切な書類がどこに行ったか分からなくなった。
しばらくリハビリの筋トレを怠けていたら、足の筋力が落ちた。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

なまける

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問