ふるさとの例文や意味・使い方に関するQ&A

「ふるさと」を含む文の意味

Q: ふるさと納税 とはどういう意味ですか?
A: https://en.wikipedia.org/wiki/Hometown_tax
Q: ふるさと歴史散歩 とはどういう意味ですか?
A: _Walking Across Your History of Homeland_
Q: ふるさと納税 とはどういう意味ですか?
A: 這個網站有詳細的說明↓
https://happylearningjapanese.blogspot.jp/2016/06/hurusato-nouzei.html?m=1

ふるさと納税」如果直接翻譯成中文的話就是「故鄉納稅」,是指一種對於日本的地方自治體進行金錢捐贈的制度。這個制度的特色就是可以讓「納稅人」自己決定自己的「稅金」要用在哪裡,所以金錢捐贈的對象自治體並非只限制於自己的故鄉,而且可以同時向多個自治體進行捐贈。
Q: ふるさと納税 とはどういう意味ですか?
A: ふるさと納税 is a new way to collect tax for local government. Payer voluntarily pay tax and municipal give something specific to its location. It is like municipal selling specialties.

「ふるさと」の使い方・例文

Q: ふるさと と こきょう, どっちらがよくつかいますか? を使った例文を教えて下さい。
A: どちらも、よく使われます。

「ふるさと」の類語とその違い

Q: ふるさと と 地元 はどう違いますか?
A: ふるさと is usually one's home town, of the place one was born.
地元 usually mean the place one is living. so those who born and raised in one place 地元 is also ふるさと
Q: ふるさと と こきょう はどう違いますか?
A: 这两个字是一样的意思
Q: ふるさと と こきょう はどう違いますか?
A: 意味はほとんど一緒です!
どっちも「故郷」という漢字で、読み方が違うだけです。
Q: ふるさと と こきょう はどう違いますか?
A: ふるさと is usually used. こきょう is little formal.
If you seen 故郷, you can pronounce both. But こきょう tends to be used in written language and ふるさと tends to be used in spoken language.
Q:ふるさと」 と 「地元」 はどう違いますか?
A: Both words means same.

The difference, each words are used by how you feel for ur hometown.
ふるさと could be used when you feel melancholic or nostalgic to where you are from,you can imagine the person who use this word is so far away from his hometown. You can tell he didn't go back his hometown for long time.

「僕のふるさとでは、今はもう干し柿が食べれる頃でしょう。」

地元 is just hometown as it means.
「今日、俺の地元で雪合戦やるから見に来いよ。」

「ふるさと」を翻訳

Q: ふるさとを離れて三十五年。1) 年々故郷への思いが募っているばかりです。 2)年々故郷の思いがつのるばかりです。1と2、どっちが正しい?両方? は 日本語 で何と言いますか?
A: 以下の2文はほぼ同じ意味です。
泣くばかりではいけないよ。
泣いてばかりではいけないよ。

「泣くばかり」と「泣いてばかり」は似ていますが、「泣くばかり」は1つの行動である(ずっと泣いている)のに対し、「泣いてばかり」は、泣く頻度が高い(回数が多い)という意味で使います。

「募るばかり」は、故郷を思う頻度が高いのではなく、ずっと故郷のことを思っているので、前者の形を使います。

「ふるさと」についての他の質問

Q:ふるさと」と「こきょう」は漢字が同じだが、使い方が違う?
教えてくれ!
お願いします🥺🥺
A: 日本語には同じ漢字を違う読み方で読む場合があります。
故郷=ふるさと=こきょう
Q:ふるさと」は普段にどの漢字で書きますか。
A: あ、「郷里」を忘れてました!意味は確かに「ふるさと」です。「きょうり」と読むことが多いと思いますが、いちおう調べてみました。


Google検索でヒット件数を比べると、

ふるさと」約1億7000万
「故郷」約5000万
「古里」約900万
「ふる里」約300万
「郷里」約200万

の順です。「郷里」も言葉自体はかなり使われていますが、「ふるさと」の当て字として使われているかどうかはわかりません。


そこで、「ふりがな文庫」というサイトで調べてみました。
https://furigana.info/

ここは、簡単に言うと、日本の古い文学作品で使われている漢字にどういうフリガナが使われているかを統計的に示してくれるサイトです。

ここで、「故郷」と「郷里」という漢字を「ふるさと」と読ませている割合を調べてみました。結果は以下の通りです。

「故郷」  41.5%
「郷里」  1.5%

つまり、少なくとも古い文学作品の中では、「郷里」と書いて「ふるさと」と読ませる例は極めて少ないということですね。


結論としては、「ふるさと」と書くか、漢字を使うなら「故郷」が一般的だと思います。
Q: ふるさと
(1)鄭州は中国中部にある河南省の省都です。
(2)この町には、1000万人ぐらいの人が住んでいます。
(3)四季が明らかにあり、自然にさかんでいるので、美しい季節の変化が見られますが、春と秋が短いです。
(4)ほとんど平原ですので、農業が昔からずっとさかんでいるところです。
(5)内陸にある鄭州は地震や津波などの災害がほとんどないので、安心に暮らせるところです。
(6)鄭州の東区にトウモロコシというビルがあります。その外見がトウモロコシとよく似ていて、有名です。ラングマークビルと言えます。 この表現は自然ですか?
A: ふるさと
(1)鄭州は中国中部にある河南省の省都です。
(2)この町には、約1000万人の人が暮らしています。
(3)四季がはっきりしていて、自然が豊かなので、美しい季節の変化が見られますが、春と秋が短いです。
(4)ほとんど平原なので、農業が昔からずっと盛んに行われている地域です。
(5)内陸にある鄭州は地震や津波などの災害がほとんどないので、安心して暮らせる場所です。
(6)鄭州の東区にトウモロコシというビルがあります。その外見がトウモロコシとよく似ていて、有名です。ラングマークビルと言えます。
Q: ふるさとはほとんど平ら。丘もあるんだけど、山はさすがにない。 この表現は自然ですか?
A: ふるさとはほとんど平地。丘もあるんだけど、山はない。
この場合、さすがに、は少し不自然かな、と思いました。
Q: ふるさとへは「帰る」、東京へは「上る」——いつのまにか、そんなふうに動詞を使うようになってきた。
 数年前にふるさとの私の部屋はなくなり、今は弟のパソコンルームと化している。暮れに帰省すると、食卓の椅子が三つ、モーニングカップも三つ、そして歯ブラシも三つ。そこには、父と母と弟の日常がいやというほどあふれていて、私は一瞬、はじきとばされたような思いを抱く。そのせつなさ。父にも母にも弟にも見えない青い空気の層をまとって、自分が立っているような気分になる。
A: 私もBだと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

ふるさと

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問