めんぼくの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「めんぼく」の類語とその違い

    1. 類語
    2. めんぼく【面目】 人に合せる顔。世間に対する名誉。使う言葉がほぼ決まっていて、「めんぼくない(=申し訳ない、世間に合わせる顔がない)」、「面目躍如(めんぼくやくじょ)=世間の評価が高まること」、「面目を失う(=名誉を傷つけられる)」、「面目がつぶれる(=世間に対して恥をかく」、という使い方くらいしかありません。 ほこり【誇り】 自信をもつこと、得意になることなど、広い意味で日常的に使われます。一般的なpride の意味で、人に対しても自分自身に対しても使います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

めんぼくの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。