ズボンの例文や意味・使い方に関するQ&A

「ズボン」を含む文の意味

Q: ズボンの上に肉が乗っています*

(*体型に関する話) とはどういう意味ですか?
A: 履いているズボンが小さいため、自分のお腹の肉がズボンの上にはみ出て乗っかっているという事ですね
Q: Why is ズボン"を”欲しがっています but  スカート”が”欲しいです ?

the two sentence seems to be same structure to me? please explain ☺ とはどういう意味ですか?
A: ほしがる is a transitive verb, so を (shows the object) can be used.
ほしい(です) is an adjective, so を (the object) can't be used.

The object can be used with a transitive verb, but not used with an intransitive verb, an adjective or a noun.
Q: ズボンくらいはかせろ!! とはどういう意味ですか?
A: Let me wear my trousers, ok?!

「ズボン」の使い方・例文

Q: ズボン を使った例文を教えて下さい。
A: ズボンを履く。

ズボンからスカートに着替える。

このズボンどう?可愛くない?
(友達とショッピングに来ていて、
お店で服を選んでいる時)

最近太り過ぎてズボンのチャックが閉まらない。

ズボンを脱いでパンツ一丁になる。

お気に入りのズボン

今日は何のズボンを履こうかな?

このズボン、サイズはピッタリだけど
色がちょっとな、、

冬は長ズボンじゃないと寒い。

ズボンが汚れる

可愛いズボン

かっこいいズボン

オシャレなズボン

最近流行りのズボン

新しいズボンを買いたい。
Q:ズボン を使った例文を教えて下さい。
A: あの男の子、半ズボン履いてるね
Q: ズボン を使った例文を教えて下さい。
A: 弟は、ズボンにジュースをこぼしてしまった。

ズボンのポケットに小銭をしまった。

彼のズボンのチャックが開いていたが、恥ずかしくて教える事が出来なかった。

母は私のズボンを干してくれた。

ズボンの皺をなおす。

「ズボン」の類語とその違い

Q: ズボン と パンツ はどう違いますか?
A: 日本では最近「ズボン」は使いませんよ。特に若い人は。
Q: ズボン と スラックス はどう違いますか?
A: 日本語で失礼します。
スラックスは、タックなどを使って緩めに作られたズボンになるのですが、現在では、その違いはほとんど認識されていません。つまり、同義と考えていただければ結構です。
ちなみに、「ズボン」は16世紀のポルトガル人の日本来航以降に流入したポルトガル語が語源です。
スラックスの語源は英語です。
Q: ズボンが欲しいですか と ズボンを欲しいですか はどう違いますか?
A: ズボンが欲しいですか?○
ズボンを欲しいですか?△
△はほとんど使いません。
確認する意味で使うなら理解できる🙄
ズボンを欲しいですか?と尋ねられたら
馬鹿にされてる感じがします😥
Q: ズボン と パンツ はどう違いますか?
A: 下着の意味での「パンツ」もまだ使われていますし、ズボンの意味での「パンツ」も使われています。しかし発音の時、抑揚(pitch)を変える場合もあります。

下着と同じ「パンツ」の抑揚の例(だいたい「XXXパンツ」という言葉の時です。)
https://www.youtube.com/watch?v=aKEbwOj3UU4
https://www.youtube.com/watch?v=LJcuXrzw71o

下着の「パンツ」とは違う抑揚の例。前後に何も付かないで「パンツ」を言う場合
https://www.youtube.com/watch?v=2F4migoYXYc

「ズボン」を翻訳

Q: “Can I please have these pants (ズボン) fitted?” (ところでこのサービスはいくらですか?) は 日本語 で何と言いますか?
A: ズボン(パンツ)を直してもらえますか? それはいくらかかりますか?
zubon(pantsu) wo naoshite morae masuka? sore wa ikura kakari masuka?


直す=have it fitted to you.

As for ズボン、we normally call it パンツ in cloth shop.
Q:ズボン」と「パンツ」は違いがありますか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: どちらも“👖pants”という意味です。
英語の発音をそのまま使った“パンツ”の方がfashionableに聞こえるので、fashionに関心が高い人は、👖を“パンツ”と言います。
特に若い女性の多くは、好んで“パンツ”と言うそうです。
男性は、“ズボン”と言う方が多いと思います。
また、ほとんどのお店では、“パンツ”と書いてあります。

「ズボン」についての他の質問

Q: このズボンは短くてまるでパンティーのようだ この表現は自然ですか?
A: パンティーに例える人はあまりいませんね(^^;)
Q: ズボンを欲しがっています この表現は自然ですか?
A: 欲しがっている是用在非本人身上
原型是 欲しがる
圖片裡面正確

可是只說ズボンを欲しがっています
的話由於沒有主語,會怪怪的
Q: ズボンを無くしたから無しで仕事へ行きました。 この表現は自然ですか?
A:
Did you go to work wearing only underpants?
Q: What's more common: ズボン or パンツ?
A: 若者は下着も服もパンツって言いますよ。
ただ、下着はパンツ↓で服はパンツ↑で発音します。
ズボンとパンツどちらかcommonかと言えば、パンツだと思います。
Q: (Plain) ズボンがないだった。(Polite) ズボンがありませんでした。同じですか。
A: @BrendonB: ズボンがありませんでした is correct.
if you wanna say it on casual, it's 'ズボンがなかった'

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

ズボン

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問