セミナーの例文や意味・使い方に関するQ&A

「セミナー」の類語とその違い

Q: セミナーはさんかなければなりません と セミナーはさんかなくてはいけません はどう違いますか?
A: Japanese basic grammar
a noun + する(do) = a verb
参加 + する an affirmative/ 参加 + しない the negative

In this sentence, the seminar is not the subject, so セミナーは is not correct. セミナーに is good.

セミナーに参加しなければなりません sounds a bit strong.
セミナーに参加しなくてはいけません
Q: セミナー と 研修 はどう違いますか?
A: @oyatsu: 同じ意味で使われています。ただ、セミナーの方が大きい規模のものに使われることが多いかも知れません。

「セミナー」についての他の質問

Q: このセミナーの後、少し話しましょうか。 この表現は自然ですか?
A: このセミナーの後、お時間ありますか?少しお話ししたいことがあるのですが…
Q: こんにちは🙋‍♀️ セミナーに関する内容を読んでましたけど、
セミナー(参加無料、募集枠あり)と書いてありました。
そこで「募集枠」の意味が良くわかりません。募集と枠の意味はわかりますが繋いだらどんな意味がなるのでしょう。教えて頂けませんか。
A: 何故かは分かりませんが、枠は「空き」という意味で使われることがあります

e.g 枠ある?→空いてますか?
募集枠あり→募集に空きがある
枠は埋まってる→空きは埋まってる(もう空いてない)

でも、会話ではあまり使いません。文章で見ることが多いです
Q: そのセミナーのグールプディスカッションの時、ある会社の課題を解決するには日本側のチームを演じる私たちはヨーロッパ側のチームと税務チームの意見とソリューションを聞いた上で、ソリューションを決めなければなりません、最終的に、色々比較して一番核心となるのが税務チームの商品科学に関するソリューションなので、採用しました。そこで私も税務の大切さを体感できました この表現は自然ですか?
A: そのセミナーのグールプディスカッションの時、私たち演じる日本側のチームはある会社の課題を解決するためにヨーロッパ側のチームと税務チームの意見を聞いた上で、ソリューションを決めなければなりませんでした。最終的に、色々比較して一番核心をついていた税務チームの商品科学に関するソリューションを採用しました。そこで私も税務の大切さを体感できました。
Q: WEBセミナーの内容について、他社との比較があって、データを通して、より会社の具体像が理解しやすいでした。説明会ではほとんど会社の事業内容についてご説明がありますが、その会社だけの話ですと、なかなか業界全体の状況を把握しにくく、客観性が失うことが生じやすいと思います。また、会社の歴史的な発展と世の中の流れに合わせてご説明頂いていること、より現在の会社の事業内容について認識しました。私の大学院の卒業論文では制度の比較研究を行っています。「レガシー」という視点から現在の事業のもとに、将来どういう風に発展すればいいと考えるとき、どこは決して譲れない部分だろう、そこには歴史的な経緯がありますから今の時代には通用しないことなどが分かれます。ですので、WEBセミナーに図表がありましてすごく勉強になりました。 この表現は自然ですか?
A: 御社の​​WEBセミナーの内容には、他社との比較があり、データを通して、会社の具体像を理解することができました。

私は大学院の卒業論文で、制度の比較研究を行っています。
「レガシー」という視点から現在の事業をもとに、将来の発展を考える際には、歴史的な経緯から譲れない点と、時代に合わせて変化が必要な点があると
考えています。

御社は、会社の歴史的な発展と世の中の流れを合わせて説明されていたため、より現在の会社の事業内容について理解することができました。

さらにWEBセミナーに図表があり、とても勉強になりました。
参加をさせていただきありがとうごさました。
------------------------

ニュアンスが違うかもしれませんが、少しコンパクトにしました。
Q:セミナーの目的は外国人留学生に仕事を見つけやすくなるのためにです。」 この表現は自然ですか?
A:セミナーの目的は外国人留学生が仕事を見つけやすくするためです。」

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

セミナー

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問