バイオリンの例文や意味・使い方に関するQ&A

「バイオリン」を含む文の意味

Q: 同じバイオリンでこんなにも音色が違う とはどういう意味ですか?
A: The same violin can sound so different.
Q: (what does とか mean)ギータとかバイオリンとか、弦楽器は結構高いですよ。 とはどういう意味ですか?
A: とか = such as
We use it to list things
Q: バイオリンは弾くというより歌うような感覚が大事です とはどういう意味ですか?
A:バイオリンは、ただ弾くのではなく、バイオリンがまるで歌っているかのように気持ちを込めて弾くことが大事です。」という意味です。

「バイオリン」の使い方・例文

Q: バイオリン を使った例文を教えて下さい。
A: QAの全文をご確認ください

「バイオリン」の類語とその違い

Q: バイオリンの名手として世界中「に」もてはやされる。 と バイオリンの名手として世界中「で」もてはやされる。 はどう違いますか?
A:
世界中という“場所”「で」もてはやされている
世界中の“人々”「に」もてはやされている

「世界中」を、“場所”として捉えるか、“人”として捉えるかの違いな気がします。
そこまで大きな違いはなく、どちらを使っても大丈夫だと思います。
Q: バイオリンを弾く。 と バイオリンを奏でる。 はどう違いますか?
A:バイオリンを弾く」はバイオリンで演奏するという行為を表すので、下手な人でも上手な人でも、バイオリンを使って音を出せる人にはみんな使えます。

しかし、「奏でる」は、耳に心地よい音楽に対してのみ使いますので、上手な人に対してしか使えません。

また、主語が楽器の場合は、「弾く」でも「奏でる」でもどちらでも使えますが、主語が音楽の場合は、「奏でる」しか使えません。例えば、「セレナーデを奏でる」は言えますが、「セレナーデを弾く」とは言えません。 

Mortierさんは、「弾く」は弦楽器だけにしか使えないとおっしゃってますが、弦楽器だけでなく、ピアノなどの鍵盤楽器に対しても使えますよ。



「バイオリン」を翻訳

Q: バイオリンの授業を続けるか、それとも絵の授業を出て、絵を習い始めるか迷ってる。子供の時から絵を描いていた。どんなに下手でも、描きたかった。怒っている時、悩み事がたくさんあるのに、誰にも相談できないとき、絵を描く。すぐ落ち着けるなんだもん。
自然ですか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: ❌ (絵の) 授業を出る

→⭕️授業に出る
Q: バイオリンの音が出ないわけではないけど、わたしが欲しい音が出ない。さらに頑張らなくちゃ
自然ですか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: バイオリンで(その)音が出ないわけじゃないんだけど、満足のいく音にならない。もっと頑張らなくっちゃ。
Q: バイオリンの先生が私の気持ちをわかったかもしれない。私の演奏を聞いた後で、手を私の肩の上において「頑張ったぞ!!!」と言ってた。彼の声は私の心を温くしてた。
自然ですか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: ​‎バイオリンの先生が私の気持ちをわかったかもしれない。
私の演奏を聞いた後で(に)、私の肩に手を置いて「頑張ったぞ!!!」と言ってくれた。
彼の声は私の心を温くした。
Q: バイオリンをする は 日本語 で何と言いますか?
A: バイオリンをするis not bad!
バイオリンを弾くis better .

「バイオリン」についての他の質問

Q: バイオリン なぜなら 音色 この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: バイオリン音楽は私のお気に入り音楽。でもたくさん楽器が好き。ギータを練習するだけど下手ですよ。どんな音楽が好き? この表現は自然ですか?
A: 私のお気に入りは バイオリンの音楽。
でも、他の楽器も好き。
ギターを練習してるけど下手です。
あなたは どんな音楽が好き?
Q: 「このバイオリンは元来彼が使っていたものだ。」
「このバイオリンは元来彼が使ったものだ。」
その二つはどのように違いますか。

お願いします。
A: 二つの文の中で、違っているのは、「使っていた」と「使った」の部分だと思うので、その違いを説明すると、

「使った」は、「使う」の過去形です。たった一回の使用でも、「使った」と言えます。

「使っていた」は、過去のある時期、期間に、使う事が継続された事を表しています。
Q: I've always wondered about what point there is in having "v" words in Japanese.

For example, the word for "violin" in Japanese is バイオリン、as I've been taught at school...but in one manga I've read, it was written as "ヴァイオリン".

I've also seen the "v" words being used in titles for video games and other sources of entertainment that is Japanese-originated, as opposed to more formal materials.

Does anyone know why "v" is occasionally used at all?
A: @Khrycienne:
Yes, there isn't "v" consonant in Japanese. ヴ is used to spell loan words which contain "v" by some people, but it is not considered as formal usage.
So ヴ isn't used in any formal documents.
Since ヴ is only used for loan words, the hiragana of it isn't used.
Q: バイオリンを弾く人はうまくなったからと言って、頭がいいわけでわない。 この表現は自然ですか?
A: バイオリンを弾くのが上手いからといって、頭がいいわけではない。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

バイオリン

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問