バーチャルの例文や意味・使い方に関するQ&A

「バーチャル」を含む文の意味

Q: ペコラというバーチャルYouTuber は何を言っているのかを教えて頂けますか。自分の動画に載せます。そして、勉強になります。https://www.youtube.com/watch?v=Nw6oUlZIGrA
お願いします。m(_ _)m とはどういう意味ですか?
A: 「よくなんかありえる、月に一回(once a month)剣を捧げよ的な感じじゃないよね」
「あれなんかあえて男でも女でもないどっちとも(の)声(を)使ってるってこと(なのかな)、この神様は」


「m(_ _)m」は「土下座(どげざ)」を表す顔文字で、絵文字の🙇‍♂️と同じです。「土下座」とは、「お辞儀(おじぎ)」よりも深い感謝や謝罪の気持ちを表す時にイラストのようにします。
Q: バーチャル とはどういう意味ですか?
A: 虚拟的

日本語で言うと、仮想的ということです。

「バーチャル」の使い方・例文

Q: バーチャル を使った例文を教えて下さい。
A:

I don’t know if you use them in daily conversation but here are some examples.

その会社はバーチャルリアリティ(仮想現実)について研究している。
The company researches on virtual reality.

ジャニーズが「 バーチャルアイドル」のプロジェクトをスタートさせた。
Johnny&Associates started a project of virtual idols.

バーチャルなネット恋愛に夢中になる。
Become addicted to virtual net love.

「バーチャル」の類語とその違い

Q: バーチャル空間とリアル空間をあらゆる角度から繋ぐイベント と バーチャル空間とリアル空間をあらゆる角度から繋げるイベント はどう違いますか?
A: ある研究によれば、https://ci.nii.ac.jp/naid/110004672022
『二つの語の基本的意味は,「つなぐ」が「本来は切れたり離れたりしていないものが2つに離れている場合,それらをひと続きにすること」であり,「つなげる」は「本来は別の2つのものをひと続きにすること」である。』
とあります。バーチャル空間とリアル空間が本来別のもの、と考えるなら繋げるが正しいようです。
しかし、個人的には「繋ぐ」のほうが短くて簡潔でプロフェッショナルに聞こえるので、間違っていても「繋ぐ」を使うと思います。(繋げるは繋ぐことができる、との混用もあり得ますし。)
Q: バーチャルリアリティー と バーチャルリアリティ はどう違いますか?

「バーチャル」についての他の質問

Q: 1. バーチャルな世界に引き込む

2. 仮想の空間に飛び込む

3. 誹謗中傷はやめてもらえませんか

4. 詳しい話は(を?)聞かせてもいいですか この表現は自然ですか?
A: × 4. 詳しい話は(を?)聞かせてもいいですか
✓ 4. 詳しい話を聞かせてもらってもいいですか

Q: Hello i want to ask

1. I found a comment on youtube who says, 「このバーチャルな世界」why is this guy uses「な」?, isn't 「バーチャル」is a noun? Or is the translation would be "this VIRTUALLY world" ?

2. If we want to make a relative pronouns with 「な」adjective we have to make it like :
*NA adjective+Na+noun* right?,but how is it if we want to make relative pronounce with noun?, is it the same as making the「な」 adjective?, or use 「の」?,like maybe for example "mark who is a student" Is it 「学生のマーク」or 「学生なマーク」?

Thankyou
A: @RASYIDI

I am not sure what you mean exactly but I try answering to you.

I have no idea how you are learning Japanese, but I do not think what you say is correct, or there are exceptions at least. I am not sure if the Japanese language has any grammartical part that corresponds to a relative pronoun, but here are some examples that the Japanese translations to English sentences in which relative pronouns are used.

1. It is near the house whose roof is red.
→1a. それは、赤い屋根の家のそばにあります。(An example of 「の」)
→1b. それは、屋根が赤い家のそばにあります。(An example without 「な」 or 「の」)

2. That is the house in which he lived.
→彼が住んでいた家はあちらです。(An example without 「な」 or 「の」)
Q: バーチャルアイドルの声はコンピュータで修正するから、電子音楽は人々にとって目新しいです。 この表現は自然ですか?
A: バーチャルアイドルの声はコンピュータで修正するため、電子音楽は人々にとって目新しいです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

バーチャル

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問