一所懸命の例文や意味・使い方に関するQ&A

「一所懸命」を含む文の意味

Q: 一所懸命にしたらええやん とはどういう意味ですか?
A: 語尾「ええやん」は方言です。
標準語だと「一所懸命にしたらいいよ。」です。
Q: 一所懸命頑張る とはどういう意味ですか?
A: I will try my best.

「一所懸命」の使い方・例文

Q:一所懸命 を使った例文を教えて下さい。
A: 一所懸命に勉強して、試験に合格した。
Q: 一所懸命 を使った例文を教えて下さい。
A: 「テストでいい点を取れるよう一所懸命頑張った」「tesuto de ii ten wo toreru you issyokenmei ganbatta」
一所懸命を心がけて生きている」「issyokenmei wo kokorogakete ikiteiru」
「一生懸命」も「一所懸命」と似た使い方をします
Q: 一所懸命 を使った例文を教えて下さい。
A: 医者になったからには、一所懸命に人助けをしたいと思う。
Q: 一所懸命 を使った例文を教えて下さい。
A: あのやり方じゃあ、一所懸命やっても無駄かもね。
Q: 一所懸命 を使った例文を教えて下さい。
A:一所懸命」は、口語ではほとんど使われることがありません。いまでは、もともと誤用として使われていた「一生懸命」が定着しています。

「一所懸命」の類語とその違い

Q: 一所懸命 と 懸命に はどう違いますか?
A: 一所懸命 comes from the samurai who protected their land in the middle ages.
It refers to a situation in which one person goes straight to make an effort.

懸命 means "do your best and work hard".

well, it has a similar meaning, so it's used in a similar way.
Q: 一所懸命 と 一生懸命 はどう違いますか?
A: 本来は一所懸命でしたが、今では誤用であった一生懸命のほうが使われるようになったということです。
Q: 一所懸命 と 一生懸命 はどう違いますか?
A: 本来は「一所懸命」でした。それが次第に「一生懸命」に変化しました。

一所懸命→かつて武士が命懸(いのちが)けで領地(所)を守るため戦ったことに由来する。
Q: 一所懸命 と 一生懸命 はどう違いますか?
A: http://netacon.net/neta/367600319.html

一所懸命とは本来、その説明にもある通り「中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。」に由来する言葉です。これが転じ「命がけで物事をすること。また、そのさま。」を意味する言葉となり、そこからさらに、言葉の持つ意味合いから「一生」が使われるようになったと言われています。

そして現在、先輩格の「一所懸命」を差し置いて、明らかに「一生懸命」が幅を利かせています。もっと言えば、“「一所懸命」なんて誤用・間違いじゃね?”くらいの勢いで「一生懸命」が市民権を獲得しています。

改めて、一生懸命と一所懸命

冒頭に引用したgoo辞書は『一生懸命は一所懸命の転』の立場を取っていますが、一方で、『一生懸命は一所懸命の誤り』と表記する辞書もあるというから、日本語は難しいですね。

ただ、一生を「いっしょ」と読んだり、一所を「いっしょう」と読むのは誤りですので念のため。

また、「中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにしたことを何というか?」と尋ねられたら、その答えは「一所懸命」のみが正解。でも大丈夫です。そんなこと、それこそ一生、聞かれないと思いますので。
Q: 一所懸命 と 精一杯 はどう違いますか?
A: About 精一杯, there is a limit. It's similar to "as well as I can".
About 一所懸命, a limit is not minded. It's similar to "with all one's strength".

ex.
一所懸命に翻訳しましたが、第1章を訳すのが精一杯でした。
これが精一杯のお礼です。 (It can't be used 一所懸命 in such a sentence.)

「一所懸命」を翻訳

Q: 一所懸命
一生懸命

Which is correct? は 日本語 で何と言いますか?
A: Originally 一所懸命 but 一生懸命 is also correct now.

「一所懸命」についての他の質問

Q: 一所懸命勉強したにも拘らず、不合格してしまいました。 この表現は自然ですか?
A: 不合格してしまいました。→不合格になってしまいました。
Q: 一所懸命勉強したのに、まだあまり理解がしていないことが多いあるような気がしています。
この表現は自然ですか?
A:一所懸命勉強したのに
ここだけ見ると問題はありませんがこのように言い換えることも出来ます。
・一生懸命勉強したけれど
・一生懸命勉強してきたけれども

>まだあまり理解がしていないことが
違和感があります。修正候補:
・(まだ/あまり)理解が追いつかない事が [修正]
・(まだ/あまり)理解(を)していない事が

>多いあるような
違和感があります。修正候補:
・多いような
・多くあるような

>気がしています。
ok

もう少しだと思いますよ!
Q: 一所懸命頑張っています。暇な時間がほとんどないわけです。いつか、苦心の甲斐があったと言えるといいんですが。 この表現は自然ですか?
A: 暇な時間がほとんどないほどです。
に変えるとさらに自然です!
Q: どんな一所懸命日本語の勉強をしても上手くならない… この表現は自然ですか?
A: 「どんなに」とすれば完璧ですよ!
Q: 一所懸命で幹部の及ぶ頑張れ。 この表現は自然ですか?
A: 幹部に昇進するためにがんばろうと思っている

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

一所懸命

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問