一種の例文や意味・使い方に関するQ&A

「一種」を含む文の意味

Q: 一種の宝探しならぬ、ごみ探しです。 とはどういう意味ですか?
A:一種の宝探しではなく、ごみ探しです。」

つまり、「宝探しと似たような状況ではあるけれど、探す目的のものは宝ではなく、ごみのように無価値なものだ」という意味ですね。
Q: 一種 とはどういう意味ですか?
A: a kind
e.g. 寿司は日本食の一種(or ひとつ)です。
Sushi wa nihon syoku no issyu desu.
Sushi is a kind of Japanese foods.
Q: 一種(いっしゅ) とはどういう意味ですか?
A: a kind of〜

for example
トマトは野菜の一種
Q: 一種新興の研究視野 とはどういう意味ですか?
A: A kind of new comers, the point of view as a study

Yeah, I agree. It also looks like a strange Japanese!

「一種」の使い方・例文

Q: 一種 を使った例文を教えて下さい。
A: この花はバラの一種です。(一種:同じ種類)
それは一種のいじめです。(一種:ある意味)
一種異様な光景だった。(一種:少し異なっている)
Q: 一種 を使った例文を教えて下さい。
A:

私は自動車の一種免許を持っている。

watashiwa、jidoushanoisshumenkyowo motteiru

「一種」の類語とその違い

Q:一種」 と 「種類」 はどう違いますか?
A: 花の種類はたくさんあります。バラも花の一種です。
Q: 一種の天才 と 天才の一種 はどう違いますか?
A: 天才の一種は様々な分野の天才のうちの一つで
一種の天才は「ある意味天才」つまり常人とは違うある特別なことが突発的に得意ということです。
Q: 一種 と 種族 と 種類 はどう違いますか?
A: 一種 a kind of 人間は哺乳類の一種
種類 a kind/kinds 哺乳類にはさまざまな種類がある。
種族 a race.世界にはいろいろな種族がいる

「一種」を翻訳

Q: OOO 有兩種,一種是,另一種是⋯⋯ は 日本語 で何と言いますか?
A: 口語的話,
○○○には二種類あります。一種はXXX, もう一種はZZZです。
(○○○にはにしゅるいあります。いっしゅはXXX、もういっしゅはZZZです。)

文中的下面詞可以換
一種は(いっしゅは)
=一つは(ひとつは)
あります。
=ある。
です。
=である。
=だ。

「一種」についての他の質問

Q: 一種の世界観を出す

情報を理解したら、次は表現することに進む必要がある。つまり、頭の中の編集から文字と画像による編集に移すことである。自分が物事に対する判断はまずあって、今の時代や社会に働かける批評性のある考えや、説得力があるヴィジョンを、編集を通して人々に伝える。
文字とはまさに、思考を組織化し、人に伝えるために使われるものである。「暮しの手帖」の初代編集長の花森安治は「編集者にとって、字はいのちだ」と言っていた。ことばには本来、それ自体の性質がある。ことばの表現も編集者によって異なる雰囲気をつき、伝える効果に大きな影響を与えるものである。また、ことばを豊かにすればするほど、おそらく自分のアイデアをうまく伝えられるだろう。
そして、一種の世界観を出すため、編集にはバランスを保つのも自分の偏りも必要だと思っている。バランスは、どのような内容が並ばないと表現できないという感覚を持つことである。しかし、その平衡感覚がなければならないが、それは一個一個がバランスが取れているというのではない。情報の編集には自らの偏りが重要である。
その偏りは、個性的であっただけでなく、編集者のポリシーとアイデンティティが表現されている。独自の視点を追求することによって、物事をより批判的な目で見ることが保証される。
このように、情報の混沌に抵抗するため、内的編集を始め、一種の世界観を明確した上、言葉による外的編集を柔らかい武器にして、戦い続けることである。

この表現は自然ですか?
A: × 自分が物事に対する判断はまずあって、今の時代や社会に働かける批評性のある考えや、説得力があるヴィジョンを、編集を通して人々に伝える。
✓ 自分の物事に対する判断がまずあって、今の時代や社会に働かける批評性のある考えや、説得力があるヴィジョンを、編集を通して人々に伝える。

× ことばの表現も編集者によって異なる雰囲気をつき、伝える効果に大きな影響を与えるものである。
✓ ことばの表現も編集者によって異なる雰囲気をもち、伝える効果に大きな影響を与えるものである。

× そして、一種の世界観を出すため、編集にはバランスを保つのも自分の偏りも必要だと思っている。
✓ そして、一種の世界観を出すため、編集にはバランスの保持も自分の偏りも必要だと思っている。

× バランスは、どのような内容が並ばないと表現できないという感覚を持つことである。
✓ バランスとは、どのような内容が並ばないと表現できないかという感覚を持つことである。

× しかし、その平衡感覚がなければならないが、それは一個一個がバランスが取れているというのではない。
✓ その平衡感覚はなければならないが、しかしそれは一個一個がバランスが取れているというものではない。

× その偏りは、個性的であっただけでなく、編集者のポリシーとアイデンティティが表現されている。
✓ その偏りは、個性的であるだけでなく、編集者のポリシーとアイデンティティが表現されている。

× 独自の視点を追求することによって、物事をより批判的な目で見ることが保証される。
✓ 独自の視点を追求することにより、物事をより批判的な目で見ることが保証される。

× このように、情報の混沌に抵抗するため、内的編集を始め、一種の世界観を明確した上、言葉による外的編集を柔らかい武器にして、戦い続けることである。
✓ このように、情報の混沌に抵抗するため、内的編集を始め、一種の世界観を明確にした上で、言葉による外的編集を柔らかい武器にして、戦い続けることである。

表現の内容自体が深いため、正しくニュアンスを認識した上で添削できたか不安ではありますが、自然に感じるような表現に訂正してみました。
Q: 一種言語を学ぶのは、ある意味では、一本木を認識するのと同じだと言えるだろうと思う。ネイティブにとって、母語である種は私たちの成長すると共に、生まれ育てている。私たちもその幹に宿て長じてきた。わざわざ考えることは要らないが、枝がどこへと伸びて成長するのか、枝に何枚葉があるのかことすら知ている、さらにはその葉の脈絡に触れることもできる。しかし、なぜあの方向へ伸びていたのか、これは私たちにとって知らないことだろう。ずっとずっとおのずから成長しているからだなぁ。
この表現は自然ですか?
A: × 一種言語を学ぶのは、ある意味では、一本木を認識するのと同じだと言えるだろうと思う。
✓ 言語を学ぶのは、ある意味で、一本木を認識するのと同じだと言えるだろう。(「は」が2回続くと、問題ないけど、ちょっと重くなるから。間違いじゃないよ)

× ネイティブにとって、母語である種は私たちの成長すると共に、生まれ育てている。
✓ ネイティブにとって、母語である種は私たちの成長すると共に、生まれ育っている。(育てている。は、意識して育てている感じになるから。
種が自然に育っている。⇔私は花を育てている)

× 私たちもその幹に宿て長じてきた。
✓ 私たちもその幹に宿て長じてきた。(ん〜🤔これは、わからない表現だ。)我々はその木とともに成長してきて、

× わざわざ考えることは要らないが、枝がどこへと伸びて成長するのか、枝に何枚葉があるのかことすら知ている、さらにはその葉の脈絡に触れることもできる。
✓ わざわざ考えることは要らないが、枝がどこへと伸びて成長するのか、枝に何枚葉があるのかことすら知っている、さらにはその葉の脈絡に触れることもできる。

× ずっとずっとおのずから成長しているからだなぁ。
✓ ずっとずっと自然に成長しているのだから。(自ずと でもいいけど、木の話だから、意識したことでないから、自然にでいいかもしれません。)

Q:一種」の読み方は何ですか?「いっしゅ」か「ひとくさ」
A: thanks guys!

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

一種

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問