三種の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「三種」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 本来の三種の神器とは、日本の天皇家に伝わる3種類の宝物のことです。 1 天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)在 熱田神宮 2 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)在 皇居 3 八咫鏡(やたのかがみ)在 伊勢神宮 ですが、これが転じて、「3種類の大事なもの又は必需品」を表すために使われることがあります。 例えば、1950年代は「冷蔵庫、白黒テレビ、洗濯機」が市民生活の三種の神器とされていました。 1960年代、「カラーテレビ、クーラー、自家用車」が新・三種の神器とされました。 2004年ころから2010年ころまで「デジタル三種の神器」として「デジカメ、DVDレコーダー、薄型テレビ」が提唱されていました。 パナソニックが2004年に食器洗い乾燥機、IHクッキングヒーター、生ごみ処理機を三種の神器として宣伝しましたが、あまり普及しなかったようです。 私にとっての三種の神器は、Kindleと、Bluetoothイヤホンと、スマホかな。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

三種の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。