上司の例文や意味・使い方に関するQ&A

「上司」を含む文の意味

Q: Q:上司にかかってきた電話ですが、要件を聞こうと思います。こんな時、なんと言いますか。
1:私で良ければ、お伺いしますが…
2:どうぞ、私におっしゃってください
3:私には申し付けいただけないでしょうか。
4:私なんかでお役に立てるかどうかわかりませんが… とはどういう意味ですか?
A: 正しい答えは、1ですが、上司や取引先など丁寧さが求められる場面ですから、
私で良ければ、お伺いしますが…

私でよろしければ、お伺いしますが…
の方がより良いと思います。
Q: 上司にも相談したら思い切って受けてみろって背中押されたよ。
背中押される とはどういう意味ですか?
A: 自分の中で決まり変えていた答えが、その人の最後の”勧め”によって促されることです。
勧めることを"あと一押しする"、などとも使います。
Q: 上司は軽い感じで、サラリと言ってくるはずです とはどういう意味ですか?
A: I’m sure your boss will say it casually with the light touch.
Q: 上司に気兼ねする とはどういう意味ですか?
A: to be hesitate to (talk, or do something) to your boss
to tend to make a distance from your boss
Q: 上司を立てる とはどういう意味ですか?
A: to please one's boss

「上司」の使い方・例文

Q: 上司 を使った例文を教えて下さい。
A: 上司は部下を容赦なく叱責した。

わたしの直属の上司は 田中 です。

上司と部下の関係。

「上司」の類語とその違い

Q: 上司 と 目上 はどう違いますか?
A: 上司 means a person who works in your same place/company and his/her job rank is higher than you. Then his/her age doesn't matter.

On the other hand, 目上 means someone who is elder than you. Only the age does matter for this word.
Q: 上司 と 首領 はどう違いますか?
A: 上司 is used in a relative human relationship. i.e. 上司 may be someone's 部下.
首領 is a leader of a group (in absolute human relationship). It is often used for a group of rubbers or thieves.
Q: 上司としては部下の失敗を責任をとるべきだ。 と 上司たる者, 部下の失敗を責任を取るべきだ。 はどう違いますか?
A: 上司としては、部下の失敗の責任をとるべきだ。is correct.
and probably, you used the word "失敗" instead of "責任".
上司たる者、部下の責任を取るべきだ。
Those 2 sentences are the same meaning, first sentence is more detailed.
Q: 上司 と 社長 はどう違いますか?
A: 上司 boss
社長 president (of a company)
Q: 上司 と 親分 はどう違いますか?
A: 上司 is your supervisor or manager at a company.
親分 is like the "boss" in a Mafia community for example.

「上司」を翻訳

Q: 上司:駅の南口に会いましょう。
私:「alright, I will go there right now」 は 日本語 で何と言いますか?
A: la conversacion en espaniol es asi, verdad ?

jefe: nos vemos en la salida sur de la estacion.
yo : esta bien, me voy a alli ahora mismo.
私:分かりました、今、そちらへ参ります。
watashi : wakari-mashita, ima, sochira he mairi-masu.
Q:上司报告 は 日本語 で何と言いますか?
A: 两个都用。じょうし に ほうこく を します是比较客气的话。
Q: 上司とか同僚とか、うちへ来たら、「いらっしゃいませ」と「いらっしゃい」、どっち言いますか。「いらっしゃいませ」はサービス従業者しか使いませんか。 は 日本語 で何と言いますか?
A:
店員しか使わない表現なので、ちょっと不自然だと思います。
似たような表現で言うとしたら、「ようこそおいでくださいました。」かなぁ。

でも長すぎて大変なので、私は「お越し頂きありがとうございます。」と言います(笑)
Q: 上司に差し上げるつもりのお土産を拒否された場合、どう言えばいいかわかりません。皆さん教えてください!! は 日本語 で何と言いますか?
A: 「ほんの気持ちですから。どうぞ受け取って下さい」这是小小的礼物(我的小心意)请收受。
と、再度渡す。

但是如果你的礼物看起来很贵的话对方不会接收。。(很贵的礼物就给他压力)

我觉得重要的是
1:很便宜
2:小小的礼物(小心意)
3:不会说”是为了你特别选的”etc

如果他继续不接、你不会给他就好。

(这是我个人的意见。我不知道你的状况)

加油!
Q: 上司说的话很多听不懂 は 日本語 で何と言いますか?
A: 上司の話しがよくわかりません。

「上司」についての他の質問

Q:上司に送るメールですが、敬語が完璧じゃないので、この内容を確認して添削いただけませんか?日本の皆さん、お願い致します。」


お疲れ様です。
メールが遅くなってしまいましてすみません。
今日、日本大使館に伺って就労ビザを無事にもらえました。

来日の準備はしっかりしています。
日本の友達と相談に乗って話しているんですが、
ただ一般的な話で、もし不動産などの相談に乗ることがありましたらすぐ連絡致します。

また、韓国語で何か詳しい情報が必要な場合、下記のメールに送ります。
A: お疲れ様です。
返信が遅くなってしまい申し訳ございません。
本日、日本大使館に行って無事に就労ビザを頂きました。

来日の準備はしっかりしています。
日本の友人と話し合っているのですが、
「ただ一般的な話で、もし不動産などの相談に乗ることがありましたらすぐ連絡致します。」→ごめんなさい。意味がよく分かりませんでした。

また、韓国語で何か詳しい情報がご必要になる場合は、下記のご連絡先へご連絡させて頂きます。
Q: 上司にデータの確認を依頼された時、
「はい、確認します」と「はい、確認しておきます」どちらか丁寧ですか?どう違いますか?
A: Okay, I will.
Okay, I will (a few moments later).
普通は後者だけど、今すぐに確認しなきゃいけないことなら前者
Q: 上司に対しては「全然構いません」といても大丈夫でしょうか。それに「全然気にしないでください」といえば上司に対しては失礼ではないのですか。
A: 「全然きにしないでください」より「全然構いません」の方が良いと思います。
「全然気にしないでください」をもっと丁寧に言いたい場合は「全然気になさらないでください」とも言えます。
Q: 上司に会議室へ戻させました この表現は自然ですか?
A: If so, 「言い換え文」 are;
上司は私を会議室へ戻しました」 - 主語 is 上司
「私は上司に(よって)、会議室へ戻されました」 - 主語 is 私

Ex. for 「戻させました」;
上司は私に、彼を会議室へ戻させました」 = 「上司の指示で私は彼を会議室へ連れ戻しました」
Q: 上司が説明してくれた時、「なるほど」という相槌を使っていいですか。ダメだったらなんと言ったほうがいいですか?
A: 私の以前の上司は、部下が「なるほど」というのを嫌いました。暗黙の了解として、目上の人には使わない言葉だと信じている日本人はけっこういると思いますので、注意が必要です。とくに、「なるほど」を何度も繰り返すと、馬鹿にされたと思う人がいるようです。
日本のビジネスマナーの講座などでは、目上の人には「なるほど」ではなく「かしこまりました」や「さようでございますか」が良いと習いましたが、説明を聞いたときにこの相槌はちょっと変な感じもします。
私が自分の後輩などを見ていていいなと思うのは、説明をしたときに「なるほど」ではなく、納得した感じを込めた(感情をこめた)「はい」をうまく言える人です。
日本のカスタマーサービス(コールセンター)などでも、上司ではなくお客様に対してですが、「なるほど」という言葉を禁止しているセンターがあります。
真剣に話を聞き、適切なところで「はい」と言ったり、頷いたりしたほうがいいと私は思います。
言語をこえて、「聞いている」という態度、姿勢が重要になってくる場面ではないかと思います。

長く書いちゃいましたが、もし日本語難しければ英語で書きます^^

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

上司

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問