不自由の例文や意味・使い方に関するQ&A

「不自由」を含む文の意味

Q: 不自由とは相対的な「大小」ではなく、本人の実感での「有無」なのだと思う。
とはどういう意味ですか?
A: 「自由と不自由の中間はなく, 自由であると感じるか不自由であると感じるかのどちらかしか無い」という意味だと思います.
Q: 不自由と口走らせる僕らの自由 とはどういう意味ですか?
A: He says "our freedom/liberty(?) that we can say 不自由(not free/ not convenient)".
Maybe it means about liberty of expression.
Q: 不自由 とはどういう意味ですか?
A:
身体が不自由な(からだがふじゆうな)→disabled
買い物に不自由している(かいものにふじゆうしている)→inconvenient
Q: 不自由と口走らせる僕らの自由 とはどういう意味ですか?
A: It's not your fault.
I didn't dream of that it's a Japanese song's lyric.ꉂ(ˊᗜˋ*)
Amazarashi's song!

So, I think it would be…

Tomorrow's wind will blow imitating tomorrow tomorrow
Our freedom to let us blurt out we're not free

「不自由」の使い方・例文

Q: 不自由 を使った例文を教えて下さい。
A: コロナウィルスの影響で、不自由な生活を余儀なくされた
Q: 不自由ない を使った例文を教えて下さい。
A:不自由ない生活
Q: "不自由" を使った例文を教えて下さい。
A: 生活に不自由はさせませんから、結婚してください。
Q: 不自由な を使った例文を教えて下さい。
A: 不自由な生活。

目が不自由

「不自由」の類語とその違い

Q: 不自由 と 障害者 はどう違いますか?
A: 不自由:自由(freedom)が無い状態のこと。
障害者:身体に障害がある人のこと。disabled personのこと。
Q: 不自由なく と 何不自由なく はどう違いますか?
A: 「何」を付けると、「全てにおいて(不自由なく)」という風に、意味が強調されます!英語で言えば、文末にat allが付く感じかな。
Q: 不自由 と 不便 はどう違いますか?
A: 不自由 no free
不便 no convenience
Q: 不自由 と 不自然 はどう違いますか?
A: 不自由 inconvenience, discomfort
不自然 unnatural

「不自由」についての他の質問

Q:不自由展」[[後]]も、美術展や映画祭への公的機関の介入が続いた。広島県は、芸術祭の展示内容を外部委員会に事前に確認させることを決めた。やり方次第では憲法が禁じる検閲につながりかねない、危うい行いだ。

ご と読みますが
A: はい。「ご」と読みます。
Q: 不自由ない英語力を身につける この表現は自然ですか?
A:
急なお願いにもかかわらず、丁寧な返信ありがとうございます。とても助かります。
確かに「不自由のない英語」と「流暢な英語」はoyatsuさんの言う通りニュアンスが違いました。「不自由のない英語」という表現は私も聞き慣れないため、違和感を感じます。「最低限通じるの英語」や「かたことの英語」の方が違和感がないです。
ちなみに、「聞く」「聴く」はニュアンスが違います。私は「hear」と「listen」と同じ違いだと思っています。だから、聞き慣れないの方が正しいです。
以下はインターネットより
 聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のように、音や声などを自然に耳に入ってくること。 聴くは、「音楽を聴く」「講義を聴く」「国民の声を聴く」のように、積極的に耳を傾けることを表す。
Q: 不自由 means disability, but the literal meaning of the kanji put together as like "un-free" or "not free" make it seem kind of potentially offensive. Do disabled communities in Japan take offense at this word, perhaps like how people will try to say "differently abled" instead of "disabled" in America sometimes? Is this the standard word for disability or is it slang?
A: We have a word "身体障害者" meaning "physically handicapped person", but there were opinions that it sounded offensive and we started using "身体の不自由な人", which reminds me of a controversy that the word "gaijin" is offensive.
In my opinion, however we change the word, it is a fact that those people exist and we distinguish those people from the non-handicapped, which is inevitable. It's not a question of wording, but the important thing is to be considerate to those people, but not to have too much sympathy. That's what I think.
Anyway, the answer to your question is "Yes, it's a standard word and it's not considered offensive. It's considered better than 身体障害者 on the contrary."
Q:不自由」って単語は身重の女性も含んでいますか。
A: いません。
Q:不自由を常と思えば不足なし」の説明として、「いつも不自由でいることが当たり前のことだと受け入れれば、不満な気持ちになることはない。」でよろしいでしょうか?
A: 一言で言えば、足る事を知れ、ということになりそうですね。
ご質問の解釈は、私には特に問題ないように感じますが、一応別の例を考えてみました。ご参考まで。

例:
日常生活に不便がつきものだと心得ていれば、現状を不満に感じることもない。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

不自由

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問