世の中の例文や意味・使い方に関するQ&A

「世の中」を含む文の意味

Q: 世の中には大病を治すのではなく、寄り添うという闘病法があるというのはどこかで聞いたことがあった。 とはどういう意味ですか?
A: ここでの、寄り添うは、病気とその痛みを受け入れるという意味です
寄り添う means that accept one's disease and the patient.
Q:世の中希望に満ちあふれています」。」 とはどういう意味ですか?
A: 世界上充满着希望。

「満ちあふれる」は、「満ちる」(充满)のテ形語幹と、「溢れる」(溢出)の複合動詞です。
Q: 世の中捨てたもんじゃない とはどういう意味ですか?
A: よく悪い事があった後に、良いことがあったときに使いますね。


私の会社が倒産したけど、すぐに他の会社に就職出来たんだ。世の中捨てたもんじゃないね。
Q: こんな世の中で誰を信じていいのか 頼る人なんていなくて そもそも誰にも頼りたくなくて 結局壊れて行くから 誰にも迷惑をかけないなら自分の手で終わるのも一つだと思う。 ただ推奨はできない とはどういう意味ですか?
A: Who can I believe in this world?
I have no one to rely on.I don't want to rely on somebody to begin with.
To put an end to my life can be an option as long as it won't bother somebody, because I am breaking down eventually.But it's not something I will recommend to other people.
Q: 世の中捨てたもんじゃないと思わせる泣ける写真 とはどういう意味ですか?
A: 「捨てたもんじゃない」=
未だ捨てるべきじゃない
捨てるに相当する状況には未だ至っていない
拾うべき部分が未だ残っている

と言い換えてみました。これなら分かるかな。

「世の中」の使い方・例文

Q: 世の中 を使った例文を教えて下さい。
A: 忘れ物が返ってくるなんて、平和な世の中ですね。
Q: 世の中 を使った例文を教えて下さい。
A: 世の中物騒だ。
世の中金だ。
Q: 世の中 を使った例文を教えて下さい。
A: Social surrounding

「世の中」の類語とその違い

Q: 世の中 と 世界 はどう違いますか?
A:
世の中 means “(world)society”
世界 means “world”

便利な世の中になった。
(It has become a convenient world)

世界には行ったことない国がいっぱいある。(There are many countries that I’ve never been)

Both has “world” meaning, but we don’t say
✖️世の中旅行 (we say 世界旅行)
✖️世の中一周 (we say 世界一周)
✖️世の中遺産 (we say 世界遺産)
Q: 世の中はあなたが考えているほど甘くない。 と 世の中はあなたが考えているより甘くない。 はどう違いますか?
A: It depends on the context, but in this case, I think, they have the same meaning.
Q: 世の中 と 世間 はどう違いますか?
A: 大体同じですが、「世の中」は「社会」という意味合いが強く、「世間」は、「人の交際範囲」という意味が強いです。言い換えができる場合が多いですが、以下のような場合は、慣用的に使われているので、置き換えることができません。

例)せちがらい世の中

  世間が狭い。
  世間を広げる。
Q: 世の中 と 世界中 はどう違いますか?
A: 世の中は社会、世間と同じ意味で、人々が生活する場です。
世界中は地球全体、すべての国で、という意味です。

世の中そんなに甘くない。」
楽して願いはかなわないという言葉です。人の生活について述べています。

「世界中どこへ行っても働かないと暮らせない。」

「世界中の人が~」「世界中の車が~」「世界中がパニックだ」のような使い方で・場所・人・物・事柄について述べます。
Q: 世の中 と 世界 はどう違いますか?
A: 世の中 means the abstract world I live and can be also expressed as 世間(せけん).

For example,
世の中をうまく生きるのは、大変だ。

世界means concrete world.

For example,
今、世界では、異常気象が
問題になっています。

「世の中」を翻訳

Q: 世の中に僕くらい君が好きな人はいない は 日本語 で何と言いますか?
A: 愛羅武勇「あいらぶゆう」
哀裸舞優「あいらぶゆう」
Q: how do you say this expression in English? “世の中金” “Money talks”?🤔 は 日本語 で何と言いますか?
A: Money talks, money is everything, mammonism, or blah blah blah
Q:世の中には稀に、一度覚えた言葉は忘れないという人がいるが、ほとんどの人は、その言葉を使わずにいると、忘れてしまうものだ。」を読んでいただけませんか。今日の文章は長くて、すみません。 は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください

「世の中」についての他の質問

Q: a:世の中に一番怖いものが何かと分かるか親友よ
b:知るか、知りたくてもねー。
a:喜べ、それは多分ハトなのだ!
b:何で喜べ?どうしてハトなの?
a:それはな、家を出たとき空から何かが落ちたんだ、世界の中にはそういう話がある。「空から落ちたモノ、おカネだ」
期待した俺はそのモノをさわって確認したみたのだ。そしたらなんとハトのウンチが!裏切られた、ハトから~恐ろしい、そのなハト
b:毎日考えているんだがお前はマジおバカだな。 この表現は自然ですか?
A: テンポから 楽しい雰囲気の伝わる文章なので、文法的に正すよりも、そのままが良いような気がします。
Q: 世の中にはお金がないが、お金が欲しくて借りたい人がいるし、お金があるが、お金を使わなくて、預けたい人がいるし。そのため、需要と供給の関係になり、ある「市場」ができて、この市場は「銀行」と言われている。
お金が預けたい人は銀行へ行き、銀行でお金を貯めると、お金が増えしつつあるので、たくさんのお金持ちが銀行に来る。一方で、お金が借りたい人も銀行へ行き、しかし、銀行が生きて続けるために、成功の可能性が高い創業者しかお金を貸して支えない。このようなサイクルを続けていけば、社会は穏やかで経済が豊かになる。なので、銀行は世の中にはなくてはならない役者だ。 この表現は自然ですか?
A:世の中にはお金を持っていないが、お金が欲しくて借りたい人もいるし、お金を持っているが、お金を使わなくて、預けたい人もいる。そのため、需要と供給の関係ができ、ある「市場」ができる。この市場は「銀行」と言われている。
お金を預けたい人は銀行へ行き、銀行でお金を貯めると、お金が増えるので、たくさんのお金持ちが銀行に来る。一方で、お金を借りたい人も銀行へ行く。しかし、銀行は営業を続けていくために、成功する可能性が高い起業家にしかお金を貸してくれない。このようなサイクルを続けていけば、社会は穏やかになり、経済は豊かになる。なので、銀行は世の中にはなくてはならないものだ。
Q: Could you check if what I wrote is correct?

この世の中には、友達をたくさん作った人々がいるかもしれません。
例えば、フェースブックで「友人」の数字は百人、千人まで達することも普通だと思います。その上、多分大学とか仕事に仲間じっぱりできたのも可能である。
ですけど、いつもいつも大勢の人に囲まれているも、社会的ネットワークにフロアー数多くいるものの、彼ら全員が「本当の友達」とか「親友」と言ってもいいでしょうか。
友人達に会っても、一緒に飲みに行ったり、映画を見に行ったりして、そのようなことをしても寂しい感覚があれば、恐らくこの人達はただの知り合いに過ぎないではないのですか。
では、頭に浮かべる質問は、多分、実勢友情はなんですか。
自然に信頼出来たり代わりに何もをもらわず好意を行ったりして、友情はそのもので、愛情に似ていることだと思います。
友達とは言葉よりもむしろはるかに理解し合えるのが、彼らの態度で、何も言わなくても、気持ちが通じ合い、何でも理解ができるというひとです。
本当の友情を感じる人は、あなたのために時間を「見つけてくれる人」ではありません。あなたのために時間を「つくり出してくれる人」です。
たとえばどんなに忙しくとも、必要なら、ひどい目に遭ったらあなたのために時間を捻出(ねんしゅつ)してくれるんです。
どんなに自分がひどく落ち込んだり、「最悪」と感じるときでも、心の友と呼べる友人は、いつもあなたの側にいてくれるんです。でも、親友が本当に望んでいるのは、あなたが人生のどん底から立ち上がり、人間としてさらに成長してくれることです。
では、何もを隠す必要がなくて、いつも会いたい、サポートしてる頼れる人は本当に友達を呼ばれる人ではないでしょうか。
A: この世の中には、友達がたくさんいる人々がいるかもしれません。
例えば、フェイスブックでは、「友人」の数が百人、千人まで達することは普通だと思います。また、大学とか仕事で友達がいっぱいできる可能性もあります。
ですが、いつも大勢の人に囲まれて、社会的ネットワークにフォロワー数が多くても、彼ら全員が「本当の友達」や「親友」と言えるでしょうか。
友達に会って、一緒に飲みに行ったり、映画を見に行ったりしても寂しい感覚があれば、恐らくその人達はただの知り合いに過ぎないのではないでしょうか。
では、本物の友情とはなんなのでしょうか。
自然に信頼出来たり、無償の好意を向けられたりと、友情そのものは、愛情に似ているものだと思います。
友達とは、なにも言わなくても、お互いの態度で、気持ちが通じ合い、理解してくれるものです。
本当の友達は、あなたのために時間を「見つけてくれる人」ではありません。あなたのために時間を「つくり出してくれる人」です。
たとえどんなに忙しくとも、仮にあなたがひどい目に遭ったならば、あなたのために時間を捻出(ねんしゅつ)してくれる人です。
どんなに自分がひどく落ち込んだり、「最悪」と感じるときでも、心の友と呼べる友達は、いつもあなたの側にいてくれます。しかし、友達が本当に望んでいるのは、あなたが人生のどん底から立ち上がり、人間としてさらに成長してくれることです。
では、何も隠す必要がなく、いつでも一緒にいたい、自分のサポートをしてくれて、頼れる人は、本当の友達と呼ばれる人ではないのでしょうか。

I couldn't understand some parts of your sentences, so I guessed what you wanted to say.
Q: ​​世の中にいろんな生活の方式があることを知らなきゃならなく、これこそ幸せな本源である。 この表現は自然ですか?
A: 世の中にはいろんな生活の仕方があることを知らなくてはならないし、これこそが幸せの源である。
Q: 世の中叶わないことが多い。 この表現は自然ですか?
A:世の中、望んでも叶わないことが多い」などのように叶わない状況もしくは内容について少し補った方がより自然な印象になると思います。とはいえ、十分に自然ですし、通じると思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

世の中

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問