予兆の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「予兆」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 予兆→何かが起きる前の具体的な現象。 気配→今、何かが起こっているのをなんとなく感じていること。 例:この暖かい風は、春がやってくる予兆だと思う。 例:朝起きたら雪が降っている気配を感じた。 ただ、"気配"は「これから○○が起こるような気配を感じる」という未来のことを予測する時にも使われるので、その時はほとんど同じ意味になります。 予兆=未来の予測に対してのみ使う。具体性あり。 気配=今起こっていることにも使う。なんとなく感じているときに使うことが多い。

    1. 使い方・例文
    2. 思えば犬が急に吠えたのが、あの大地震の予兆だったのかもしれない。 彼女が自殺する予兆はあった。 ある雲の形が地震の予兆とされることがあるが、全くのデタラメである。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

予兆の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。