事項の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「事項」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 注意事項を確認してください。 とかで使いますよ。

    1. 使い方・例文
    2. 事項】 物事を構成する1つ1つの事柄。箇条。項目。 =thing, item, matter, subject 「必要事項」required items 「重要事項」important matters 「注意事項」 matters to be attended to 「関連事項」 related subjects 「了解事項」understood things 「調査事項」 matters for investigation 「特筆すべき事項」 matters worthy of special mention 「必要事項を記入してください」 「重要事項を丁寧に説明する」 「注意事項をよく読んでおきましょう」 「関連事項も併せて学習する」 「コミュニケーションする上での暗黙の了解事項」 「調査事項の一覧を作成する」 「特筆すべき事項をリストアップしておく」

  • 「事項」の類語とその違い

    1. 類語
    2. ほぼ同じ。 条項は条約とか契約書とかフォーマルなときに使うイメージ。

    1. 類語
    2. とても意味の似た言葉ですよね。項目は「全部で3項目あります」というように数えて使う事ができますが、「3事項あります」という言い方は見かけません。 また、「要求事項をまとめた書類の中の『●●』という項目を読んでおいてください」のように、項目は事項の中に含まれる、少し小さい単位のようなイメージがあります。 いずれにしても私を含めてほとんどの日本人は違いを正確に説明できないと思います…

    1. 類語
    2. 事項」:起きた事柄、考えるべき事柄 問題となっている事柄 等の全体。 「項目」:その事柄を 目的別や種類別に分類して取り上げるもの。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

事項の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。