他動詞の例文や意味・使い方に関するQ&A

「他動詞」の使い方・例文

Q: 他動詞 as a condition of something を使った例文を教えて下さい。
A: あぶない から 火を けします。
お金が無い から 買い物 を がまん します。
いい訳ばかり 言うから もっと 怒られる

ありがとうございます。これが他動詞と言うんですね。勉強になります。
あまり、日本人は文法を知らずに使ってますから。😩

「他動詞」の類語とその違い

Q: 他動詞 と 自動詞 はどう違いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 他動詞 と 自動詞 はどう違いますか?
A:
他動詞は目的語を必要とするもの。自動詞はそれ自身で意味が成立する。
I love you.(他動詞)
It rains. (自動詞)
Q: 他動詞 と 自動詞 はどう違いますか?
A: 他動詞 has an object that the subject affects.
To drink water.
水を飲む
水 / water is the object.

自動詞 does not have the object.
走る
to run
Q: 他動詞 と 自動詞 はどう違いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q:他動詞の目的語)も(他動詞の述語) と (他動詞の目的語)をも(他動詞の述語) はどう違いますか?
A: をも is literary.

「他動詞」を翻訳

Q: 他動詞 は 日本語 で何と言いますか?
A: 他動詞 たどうし

「他動詞」についての他の質問

Q: Hi! If you create a sentence with 他動詞, do you always use が?Can you ever use は?
Like:
私が寿司をたべるだ.
私は寿司をたべるだ。
Which one is correct?
A: 2 Points;

(1) Minor correction before main topic.

Please delete だ。  It's unnatural.

私が寿司をたべるだ. Unnatural
私が寿司をたべる. Natural

私は寿司をたべるだ。Unnatural.
私は寿司をたべる。 Natural.

(2) Both are correct but they have different nuance of meaning.
 は / が  difference doesn't relate with a verb, but from the meaning what you want to say. ( or what you want to emphasize etc.) 

 Please see following link for the explanation of が、and は in Youtube when you have time.

https://www.youtube.com/watch?v=qrjHT8FAuWY

Above URL is just one example.
There are other youtube English explanation on this subject, which you can find easily.
Q: 他動詞の話ではなくて、物に対する組み合わせの自動詞の話でもなくて、人間の意思に関する組み合わせの自動詞の話です。

私は道に迷っている。
私はこの提案に賛成する。
私はこの提案に反対する。
私は友達に会う。

どれも人間の意思に関する自動詞ですね?

私は英語が分からない。って、なぜ(が)という助詞に使っているんですか?
私は英語に分からない。って正しいでしょうか?






A: 説明が非常に難しい質問です。
英語が分からない、の場合の「が」は、可不可を表す場合に用いる「が」です。
英語に分からない、は間違いです。
Q: what is different about "が" and ”は”。
I know the "が" is used in "他動詞",and the "は" is used in "自動詞".
but how could I use it generally ?
For example , if want to say ,the bicycle is broken . "自転車(は/が)壊れています" which one is right ? what's the different between each other?
Pls give more examples and elaborate it . Thanks
A: There are 主題(theme, topic) and 主語(subject).
1. John ate that apple. 
↑ ↑
topic object
subject

1a. ジョンはあのリンゴを食べた。
↑ ↑
topic object
subject
Speaking about John, (he) ate that apple.
As for John, (he) ate that apple.

2. あのリンゴはジョンが食べた。
That apple, John ate (it).
↑ ↑
topic subject
object
Speaking about that apple, John ate (it).
As for that apple, John ate (it).

1b. ジョンがあのリンゴを食べた。
↑ ↑
subject object


Q1: What did John do?
↑↓
A1: ジョンはあのリンゴを食べた。
(Speaking about / As for) John, (he) ate that apple.

Q2: Who ate that apple?
↑↓
A2: ジョンがあのリンゴを食べた。
John ate that apple. (/ John did.)

Q3: (I put my apple on this table. But, it is not there.) Where is that apple? (Do you know that?)
↑↓
A3: あのリンゴはジョンが食べた。
(Speaking about / As for) that apple, John ate (it).
Q: 他動詞と自動詞の用語の違いの事は何ですか?
例えば、その言葉「越す」とか「超える」とか文句にはどう使う?

この質問が修正できる!
A: 他動詞、他に働きかける動詞。
自動詞、自らにおこる動詞、働く動詞。

例 超える→日本の人口が一億人を超える。
超えるが日本の人口に対して働いている。

越す→私は峠を越えた。越すは自発的に働いている。
Q: Please show me verbs that can be both 他動詞・自動詞。
A: 当てる、当たる

沈める、沈む

閉める、閉まる

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

他動詞

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問