仮面の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「仮面」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. I found the following website by Googling that phrase. http://www.kasi-time.com/item-76907.html If this is what you are looking at: 仮面の淵へ 手を掛けどただ骨が鳴るのみ then it should mean something like "touching the edge of the mask only makes the bones squeak" However, the right Japanese word for "edge" should be 縁 and not 淵 (same sound, ふち). Artists would often break rules in their expression, so at the end of the day, only the artist himself knows what he really means.

  • 「仮面」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. Kenshiro is right. 仮面をかぶる is used when you tell about a person's personality/behave. This is not positive. 「公務員は、仮面をかぶったような人が多い。」 "National officers are like the people who won't show their own colors." << This is because they might be very responsible as a Japanese national representative. Showing their own colors, even in their personal life, would not be preferable as the representative. I think they believe they have to act as a model. But as far as I know, they don't tell a joke, but use only old, cheesy jokes.

  • 「仮面」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 仮面 to wear a mask. e.g. 仮面舞踏会./a masquerade ball. 覆面 to cover by a mask. to hidden the face. e.g. 覆面強盗/a masked robber. (burglary who covered his face with a mask.)

    1. 類語
    2. (被る、かぶる)kaburu ・頭や顔をおおうように着ける。 帽子をかぶる。 仮面を顔に付けて被る。 ・(全体が)隠れるように上・頭からおおう。 ブランケットを被る。 布団を被る。 雪をかぶった山頂。 (取る、とる)toru ・みずからの動作で手に持つ。 仮面を取る。 テーブルにあるドリンクを取る。 ・場所を取る お店の予約を取る。

    1. 類語
    2. Both 覆面 and 仮面 mean to cover one's face or something to cover one's face with, in order not to be identified. Also, metaphorically, 覆面 means to disguise oneself as somebody else, whereas, 仮面 is to hide a fact from others.

  • 「仮面」についての他の質問

    1. 他の質問
    2.   "『仮面の思想』通じて、"私も仮面に対する知識をたくさん"学んだ"   「世界の諸々の文化には、ほとんど一つの例外もなく、仮面というものが存在しているようなのである。」、「"古今東西、"人間のいるところ"には"仮面というものは必ず存在している。」確かに、筆者の述べるとおり、仮面文学の歴史が長い、ニューギニアだけでなく、中国は最も豊富な仮面文化がある国の一つとして、中国の仮面文化の歴史は"古代"の舞踊に始まるそうだ。    古い時代の人間はさまざまな異形の仮面をかぶって歌ったり踊ったり、たくさんの神秘的な祭りを行い、"あるい"は"今でも"続いている。そしてたくさんの神事と関わる人が現れた。     人間は神に近づくため、仮面を創造し、神と人間を結ぶ橋としている。しかし、人間の素晴らしい願望に過ぎない。いわゆる人間"が作った"仮面 とは様々な神様の"姿"よりも、むしろ人間自身の姿のほうが適切だ。なぜならば、誰も本当に神を見ることを見ないからだ。換言すれば、ただ自分を頼るだけかもしれない。もちろん仮面は神秘で不思議な文化であり、勝手に言わないと思う。 ところで、すべての現代人は仮面をかぶって生きるのではないか?他人の目に迎合するために、装身や化粧や話し"方"などによって外面的に自らを変えて、真実の自身を隠す。人生とは"芝居のようなものである。"

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

仮面の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。