体験の例文や意味・使い方に関するQ&A

「体験」を含む文の意味

Q: 体験学習施設 とはどういう意味ですか?
A:体験学習施設」は、ふつうは何らかの体験ができる施設を指します。
「学習」と名前がついていますが、勉強という意味での学習をするものとは限りません。

商業施設や温泉施設などにこの名前が付けられていることもあります。公的な資金で施設を建設する場合に、「体験学習施設」という名目が使われることが多いようですね。
Q: 1 追体験
2 逆転サヨナラ負けっぷり とはどういう意味ですか?
A:
「追体験
作者の体験と同様の体験を、読者がすることです。

「逆転サヨナラ負け」
野球で、9回裏の最終回に相手に点を取られて、逆転負けすること。最後の最後で、これで終わりという意味で、サヨナラ(さようなら)と表現されるのだと思います。

「負けっぷり」
負け方、負けた後の態度を言います。


総合すると、つまり、
作者が書いた、一期六話の話の「逆転サヨナラ負け」の体験を、読者が同様に体験するかのような負け方、

ということですね。(^^)
Q:体験 とはどういう意味ですか?
A: 初めてやる、という意味です
Q: 体験 とはどういう意味ですか?
A: experience
e.g.
私は戦争の体験はありませんでした。
I didn’t have experience of war.
今回のことは貴重な体験になった。
The recent events proved to be a valuable experience.
Q: 体験入部 とはどういう意味ですか?
A: trial/temporary participation of the club.
join the club on a trial basis.
join the club temporarily.

something like that.

「体験」の使い方・例文

Q: 体験する を使った例文を教えて下さい。
A:体験』は、↓のようなことを一時的に経験する際に利用します。
・経験のないこと
・スペシャルなイベント
・技術
継続的に経験する場合には使いません。

今週の土曜日は、陶芸を体験する予定です。
今年の夏は友達に教えて貰って、釣りを体験する予定です。
息子はサッカーを体験する予定です。
来年の夏はウィンドサーフィンの体験教室に参加したいと思ってます。
Q: 体験 を使った例文を教えて下さい。
A: 日本に旅行して初めて桜を見る体験をしました。(formal)
学生の頃の体験学習は非常に面白かった。(casual)
大人になったら、いろんな体験がしたいです。(formal)
子供の頃、魚釣りを体験した。(casual)
多くの体験が今の私を作っています。(formal)
体験を多くすることにより、色々な考えが浮かんでくるようになった。(casual)
Q: 体験談 を使った例文を教えて下さい。
A: ●あなたの体験談を聞かせて下さい。
(Tell us about your experiences. )

●実際の体験談が一番役に立つ
Q: 体験 を使った例文を教えて下さい。
A: 初めて韓国料理を体験する。
Q: 体験 を使った例文を教えて下さい。
A: 体験
体験学習
体験入店

「体験」の類語とその違い

Q: 体験 と 経験 はどう違いますか?
A: 経験も体験もexperience
but 体験 is used as more personal one.
わたしは 戦争(せんそう)を体験しています。とても辛(つら)かったです。i have a war experience. it was very hard.
Q: 体験 と 経験 はどう違いますか?
A:  同じ意味でつかわれることも多いです。ちがいは
経験:ものごとを行って技術や知識を得てステップアップしたという意味合いがあります。
体験:ただものごとを行った、行うという意味だけで、それによって何かを得たという意味合いは含まれていません。

〇私は海外に行った経験がある。
✖私は海外に行った体験がある。

〇ものづくり体験教室
✖ものづくり経験教室
Q: 体験 と 経験 はどう違いますか?
A: 体験 = your experience of a certain activity
経験 = experience

体験」is your own experience of active (not passive) action that you physically (and sometimes emotionally) involved to do something by yourself, while 「経験」is not so active.

EX:
海外に行った経験があります。
In this context, we usually don't use 「体験」because a travel abroad itself is an experience not requiring your physical exercise.

海外に行って、とても面白い体験をしました。
On the other hand, in this context, the speaker is talking about a certain specific activity during his/her stay in abroad, maybe something like not available to experience in his/her country.

和食を食べた経験がありますか?
This is something about an experience of passive action (we consider 「食べる」 here is not your active action of eating, but rather a passive action of "receiving meals offered by someone else".

和食を作る体験教室に参加できます。
In this context, you can participate in "cooking class" of Japanese meal, which is an active experience that you yourself are to cook so that now it's your active 体験, not merely a passive 経験.
Q: 体験 と 経験 はどう違いますか?
A: 経験 just means experience whereas 体験 sounds like an experience gained through a physical activity like a hands-on training.
Q: 体験 と 経験 はどう違いますか?
A: This is a tough one.
They are very close, but 体験, as its 体 shows, suggests more physical experience.
あの人の体験談は面白いね。
We do say 経験談 too, but it sounds a little off to me.

経験が人を育てる。implies wisdom or something like that,
but again they overlap a lot.

「体験」を翻訳

Q: Does this sound natural? 「体験版は改造されます、より独創的な体験のために。」 は 日本語 で何と言いますか?
A: 「より独創的な体験を生み出すため、体験版には改良を加えていきます。」
The trial version will be improved to provide more original experiences.
Q: "体験入学に参加したとき、先生と生徒はみんなとても親切でした。将来には言語に関する仕事をしたいので、この学校は一番いいと思います。 " は 日本語 で何と言いますか?
A:

‎"体験入学に参加したとき、先生と生徒はみんなとても親切でした。将来は言語に関する仕事をしたいので、この学校が一番いいと思います。 "
Q: "when i joined the 体験入学 all of the teachers and students were very kind. in the future i want to have a job that is related to language so i think that this shool is good." は 日本語 で何と言いますか?
A:
体験入学に参加した時、全生徒と先生方がとても親切でした。将来は言語に関係ある仕事がしたいので、その学校が良い / その学校が自分に合っていると思います。
Q: "when i joined the 体験入学 all of the teachers and students were very kind. in the future i want to have a job that is related to language so i think that this shool is good. i think that this school has a great image and i want to enter this school." は 日本語 で何と言いますか?
A: 私が体験入学に参加した時、先生や生徒はみんな親切でした。将来、私は語学に関係のある職につきたいのでこの学校はとても良いと思います。この学校にはとても良いとイメージがあり、この学校に入学したいと思います。

「体験」についての他の質問

Q: 体験型の発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: アハ体験ってなにですか
例文があれば教えてください
A: ゆっくりと変化していく画像を見て、その変化を見つけ出します

一種の遊びのようなものです

脳によい効果があるとされています
Q:体験って言葉の使い方を教えてください。
A: 例えば、陶芸や登山、自分が経験した事がないものを体験する時に使います。

1, 陶芸をするのは初体験です。
2, ジェットコースターに乗るのは初体験です。
3, インド料理を食べるのは初体験です。
4, 彼にとってはこれが初体験らしいです。
Q: 体験したこと:
この会社で働いていた時間においでたくさんのいいこと体験した。
まずは翻訳したこと:日本語のニュースや産業分類表のリストなど様々な事をベトナム語へ翻訳しました。逆は、ベトナム語から日本語へ翻訳したチャンスもありました。
次はリストアップでした。客さんの依頼に応じてベトナム企業の情報を調べたて、リストアップします。そして、客さんに適当な企業を紹介します。その事のおかげでリストアップが分かりました。
A: すごい👏👏上手ですね^^

・いいこと体験した→いいことを体験した / 良い体験をした
・逆は→逆に
・翻訳したチャンス→翻訳する機会 / 翻訳すること
※日本語では、チャンスは良いことやラッキーなことが起きた時に使い、それ以外の時は「機会」を使います。
・調べたて→調べ
・お客さんに適当な→お客さんに合った/お客さんに適したis more natural
Q: 体験に自分を教えました。 この表現は自然ですか?
A: 自分の経験から学びました。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

体験

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問