作家の例文や意味・使い方に関するQ&A

「作家」を含む文の意味

Q: 作家Aと編集Bという、ちょっとだけ別の世界線からやってきた、作品の出演者......のドッペルゲンガーということでここはひとつ。 と、まぁ、それはさておき...... とはどういう意味ですか?
A: ドッペルゲンガー(独: Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。 自分とそっくりの姿をした分身。 第2の自我、生霊の類。 同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。
 作品の出演者が  A とBという分身 を使って
Q: 作家:それは物語上の話だったね。 とはどういう意味ですか?
A: @Iris-JAPAN:@emmayu32: ありがとうございます。それはただ虚構の物語(フィクション)ですって意味ですよね。
Q: あの作家はホテルに缶詰状態になって原稿を書きあげるそうだ とはどういう意味ですか?
A: “缶詰(状態)になる”とは、部屋に入ったまま出て来ないで、仕事や学習に集中するという意味の慣用句です。
なので、ご質問の文章の意味は、
「あの作家は、ホテルの部屋から出て来ないで、原稿を書き終わらせることに集中するつもりだ」
となります。
Q: あの作家はホテルに缶詰状態になって原稿を書きあげるそうだ とはどういう意味ですか?
A: ホテルで執筆(しっぴつ)に専念(せんねん)するという意味(いみ)です。

「ホテルに缶詰状態(かんづめじょうたい)」とは、「ホテルから出(で)ない状態(じょうたい)」のことです。

「作家」の使い方・例文

Q: 作家 and 作者 を使った例文を教えて下さい。
A: 作家は一日部屋にこもって
作品と向き合う。
作者の気持ちなんてわからないよ
現代文の問題ではよく作者の考えが問われる
などですかね
If I could help you,I'm happy

「作家」の類語とその違い

Q: 作家 と 作者 はどう違いますか?
A: When you talk about the work someone made, you can say "who is this 作者?". It sould be said 作者 is someone who made something. But in this case you can use 作家 also like who this work's 作家 is.

作家 is more like someone's occupation or title for whose job is creating something in many cases artistic or creative one like pictures or musics.

Something like that!? I think^^
Q: 作家 と 作者 はどう違いますか?
A:
作者is used when you want say who wrote a book.

Example:
彼は作家です
(He works as a author)

この本の作者は彼です
(This book is written by him)

Umm...sorry, I can't explain it well😢
Q: 作家 と 著者 はどう違いますか?
A: 作家 a writer
著者 the author

私の妹は作家です。 My sister is a writer.
妹はこの本の著者です。 My sister is the author of the book/My sister wrote the book.
Q: 作家 と 作者 はどう違いますか?
A: 私の職業は作家です。
私はこの本の作者です。
Q: 作家 さっか と 作者 さくしゃ はどう違いますか?
A: 作家 is a (often professional) writer while 作者 can be an author of one book, one anime, or an artist of some object/ art.
For example,
J.K. Rowling is 作家 and she is the 作者 of Harry Potter.
Picasso is an artist and he is the 作者 of Guernica.

「作家」を翻訳

Q:作家という言葉の読み方を教えてもらえますか? は 日本語 で何と言いますか?
A: だいさっか
Q: 作家J.K.Rowlingの名前 は 日本語 で何と言いますか?
A: J・K・ローリング

「作家」についての他の質問

Q: 作家のイマジネーションは大きいです。
An author’s imagination is big. この表現は自然ですか?
A: 作家の想像力は豊かです
さっかのそうぞうりょくはゆたかです

imagination
想像力

豊か(ゆたか)
lively
a person with a lively imagination

We don’t use
イマジネーションが大きい

You use 作家 correctly!!
Q: その作家の最新小説 この表現は自然ですか?
A: Both natural :)
Q:作家は10年ぶりに筆を執った」の意味は何ですか。教えてください。
A:作家(さっか)」というのは、文章を書くことで何かを創作する人のことです。小説家を言うことが多いですね。

「10年ぶり」というのは、何かを何年間もしていなかったが、それを10年目でもう一度やりはじめるということです。

では、何をもう一度やりはじめたのかというと、「筆(ふで)を執(と)る」ことですね。これは、文章を書くという意味です。ただし、小説家などの文章を書くのを専門としている人に対して使うのが普通です。また、本などのある程度長い文章に対して使います。自動詞のように働くことも注意が必要です。そもそも「執る」の目的語が「筆」なわけですが、実際は「筆を執る」で一語だと考えてください。これは慣用句なので「鉛筆を執る」などとは言いません。

ちなみに、似たような言葉として「執筆(しっぴつ)する」があります。こちらの方がよく使われると思います。たとえば、「あの人は有名な小説家で、新しい小説を執筆しているらしい」などと使います。こちらは他動詞ですね。「筆を執る」だと、何を書いているのかはよくわかりませんが、こちらはそれを説明できます。「筆を執る」の方は何を書くかより、書くこと自体を重要視しているのでしょう。
Q: この作家が書いた小説は若者の間に人気がある この表現は自然ですか?
A: Nice~

この作家が書いた小説は、若者の間で*人気がある is the best way.

Yeah, using この作家が書いた小説 is acceptable!!

Some Japanese avoid to repeat の. Bcz it sounds like cheap.

Ex) 私の母の時計の針は 、 ( 3 times)-> 母親が持っている時計の針は、( once)

Good job~!!
Q: 作家がどのような思いでこの本を書いたのか想像にかたくない。

ここで "~にかたくない"は
助詞の に + 難くない なのですか?
A: 맞아요.쉽게 상상할 수 있다는 뜻입니다

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

作家

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問