作文の例文や意味・使い方に関するQ&A

「作文」を含む文の意味

Q:作文の添削をお願いします!」

自分の作文:2018年平昌冬季オリンピックを誘致するために数多くの有名人たちと選手たちが努力をした。この度誘致が「可能だっのは」2回の失敗にも関わらず、あきらめなかった人々の強い意志「のおかげだった」。彼たちの努力で韓国はライバル国との格差を減らすことができたし、結局ライバル国を追い越して、誘致に成功することが出来た。

とはどういう意味ですか?
A: 2018年平昌冬季オリンピックを誘致するために数多くの有名人と選手が努力をした。この度の誘致が可能だっのは2回の失敗にも関わらず、あきらめなかった人々の強い意志の成果であった。彼らの努力で韓国はライバル国との差を縮めることができたし、結局ライバル国を追い抜いて、誘致に成功した。

・数多くの有名人たちと選手たちが
→ 数多くの有名人と選手が
数多くの라는 말을 보면 복수형이라고 해석이 되니 일부러 たち를 붙일 필요는 없습니다.
たち가 없는 게 더 일본어다운 표현입니다.

・この度誘致が
→この度の誘致が 또는 今回の誘致が

・おかげだった
괜찮지만 약간 구어적인 표현이기 때문에 成果であった 정도로 의역을 하시면 더 자연스럽습니다.

・彼たちの
彼たちの라는 표현은 안 씁니다.
彼らの가 일반적입니다.

・格差を減らすことができたし
→差を縮めることができたし

・追い越して、
→追い抜いて 또는 抜いて
경쟁하는 경우에는 追い越して가 아니라 追い抜いて나 抜いて가 자연스럽습니다.

・誘致に成功することが出来た。
괜찮지만 단순히 誘致に成功した。가 더 자연스럽습니다.
Q: すみません。作文添削のことですが、僕の友達で、もう1人やりたいという人がいました。日本人の女の人です。僕以外にもまだやる気ありますか? とはどういう意味ですか?
A: Who is checking the writing? You? If so, that means that My friend wants you to check her writing. She is Japanese. In addition to mine, would you like to check hers?
Q: 作文の提出日となっていますが、 1日のよっばして1 2月2日にします とはどういう意味ですか?
A: 本当なら今日(12月1日)が提出の締め切りでしたが、1日延ばして12月2日を提出の締め切りの日にします

ということです💫
Q: 作文メモ とはどういう意味ですか?
A: I guess it means "an essay memo".
Q:作文 とはどういう意味ですか?
A: みじかい作文です。

「作文」の使い方・例文

Q: 作文 を使った例文を教えて下さい。
A: 国語の授業で作文を書いた。

夏休みの宿題の作文を書かないといけません。
Q: この作文を読んでいるとき、直してくれませんか。あなたの悩みはなんですか。ある人はお金ないですが、他の人が恋人がいないと言います。同じ質問を聞いて、たくさん答え。でも、時間がないの答えの方が多いです。日本へ初めて来た時、私はいつも暇だ、だから今いつも忙しい。けさはアルバイトをして、学校を来て、夜は時々もアルバイト。とっても忙しい。ベトナムの生活のほうがゆっくり、気持ちが良いです を使った例文を教えて下さい。
A: みんな ありがとうございます。作文は書いて初めます。
Q: 作文 を使った例文を教えて下さい。
A: そーいやあの宿題の作文明後日までに提出だ!

「作文」の類語とその違い

Q: 作文はもう「書けました」 と 作文はもう「書きました」 はどう違いますか?
A: 「書きました」は、事実を淡々と述べています。
「書けました」には、苦労してなんとか書き終えることができた、という意味合いがあります。

「寝られました」も同様に、眠れないと翌日困ることになるけど、なんとか十分な睡眠をとることができた、という意味があります。
Q: や など と とか と 作文をするとき、どれを使いますか。 はどう違いますか?
A: "や" "など"はよりformalな文や、会話に使われる感じがします。
"と" "とか" は会話の方が聞く機会が多いですね。

例えば会話なら、
「りんごとバナナどっちがいい?」→自然
「りんごやバナナどっちがいい?」→不自然

formalな作文では、
「環境は海や森などで成り立つ」→自然
「環境は海と森とかで成り立つ」→不自然
Q: 作文 と 感想文 はどう違いますか?
A: 作文 is a composition or an essay in general.
感想文 is more specifically an essay about your thoughts, feeling on something, such as a novel you've read, a concert you wend, a school excursion, etc.
Q: 作文
と 文章 と 随筆 はどう違いますか?
A: 文章:文をいくつかまとめて、思ってることなどを表現したもの
随筆:自由な形式で書いた文章

随筆は、「小説」や「詩」のような文学のジャンルのひとつ。文章は、今私が書いているこの文も「文章」と言えるもので、文学とは言えません。
Q: 作文を直す と 作文を添削する はどう違いますか?
A: 他人が書いた作文は直すこともでき、添削もできます。
自分が書いた作文を直すことはできますが、添削をできません。

「作文」を翻訳

Q: please help make it natural: この作文を通して、いい点と悪い点を中心して書きたいと思う。 は 日本語 で何と言いますか?
A: この作文は良い点と悪い点を中心に書いていきたいと思う。
if you use this sentence in something research paper or something formal document, 作文 may not be suitable. it sounds a little bit childish.
Q: 作文修改 は 日本語 で何と言いますか?
A: 私は小学(校)の先生です。
中国に(は)いろいろな(食べ物)があります。
其他的都很好
Q: 作文のタイトルはどちらもおもしろかったです。 しかし、日本に興味を持ち始めた理由や、日本語を勉強して、将来日本語を使って何をしたいことについて書きたかったので、「私と日本語」というタイトルを選びました。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 「何をしたいかについて」
他はとても良く出来ていると思います。 ^^
Q: この作文、文法をチェックしてくれませんか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: みんなの一生に行きたい国→みんなが一生のうちに行きたい国
伝統的→伝統
Q: 作文 は 日本語 で何と言いますか?
A: さくぶん(作文)

「作文」についての他の質問

Q: 作文を添削していただけませんか。🙏🙏🙏


みんなさん『カルテット』というドラマがしっていますか。ある日、偶然出会った男女、全員三十代4人が、叶えられなかった夢を胸にカルテットをくみ、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになる。。。というストーリーです。このドラマはなかなか人を引き付ける力があるので、中国でもヒットした。そして、この中で、一番、私たちを感動されるのは、恋以上で、仲間あいだでお互いに支えている感情かもしれません。人生には、三つ坂があるんです。上り坂、下り坂、まさか。主人公巻真紀の人生は意外が連続に起こす、カルテットのメロディーと共に、行き場所が見つけて、意外に仲間と出会った、そしてDoughnuts Holeというカルテットを組んた。そのなかのセリフが言った通り、レモンが嫌い人の前で、唐揚げでレモンかけたように、起こったことはもう元にもとらない。唐揚げがどうでもいいけど、私たちの人生の中で、確かに休止符みたな不可逆事件がいっぱいある。、その時、君の後ろに立っている人は誰かが覚えますか。もし何年後、飲みながら過去のことを振り返るとき、昔散々した自分を対してまた笑えるなら、あれ多分仲間の力だと思う。「ああ~あの時大変だな!」と言った、目の前の唐揚げを取って、食べった。誰か支えてくれられたから、悲しいなんか感じられなくなった。悲しいというと、悲しいより悲しいことって、何だろう。冬の軽井沢の朝、鳥が木の梢で立って別荘から流れてやさしいバイオリンの音を楽しめった。もし、あの柔軟に演奏している人が今涙が目に溢れていることは見ないと、この世界はいつも軽井沢の朝のような素晴らしいと思うだろう。悲しいより悲しいのはぬか喜びだ。真紀さんはそう言った。ぬか喜びは、好きな子に対して、素直に本音を言えないこと。どんな努力しても、他人に认められないこと。夢を追いかける途中、現実に負けだこと。それは誰でもしていっても、涙を禁じ得ないものだ。しかし、君のそばに、きっとそういう存在がある。泣いてる時、「大丈夫か」って聞いて、疲れ時、カツ丼ごちそうをしてくれる人。そういう人が存在していて、支えているから、私は絶対たおれないと信じる。彼らのチームネームと同じ、人はDoughnut Holeのように、甘い喜びに夢中するながら、欠点がある。そして仲間の生き甲斐は、お互いの空を埋めることだろう。もし、人生は優れだメロディーなら、人と出会うことは情熱が溢れているシンフォニーだ。
A: みなさん『カルテット』というドラマを知っていますか。ある日、偶然出会った30代の男女4人が、叶えられなかった夢を胸にカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになる。。。というストーリーです。このドラマはなかなか人を引きつける魅力があるので、中国でもヒットしました。そして、この中で一番私たちを感動させるのは、恋以上に、仲間の間でお互いに支え合っている感情かもしれません。人生には三つの坂があるんです。上り坂、下り坂、まさか。主人公・巻真紀(変わった名前ですね^^;)の人生には意外なことが次々と起き、カルテットのメロディーに導かれて、偶然仲間たちと出会っていく。そして、Doughnuts Holeというカルテットを組むことになる。その中のセリフにあった通り、レモンが嫌いな人の前で、唐揚げにレモンをかけるのと同じように、起こったことはもう元に戻らない。唐揚げはどうでもいいけど、私たちの人生の中で、たしかに休止符みたいな不可逆事件がいっぱいある(ここはよくわかりませんでした)。その時、君の後ろに立っている人は誰か覚えていますか。もし何年か後に、飲みながら過去のことを振り返るとき、昔散々な目にあった自分に対してまた笑えるなら、それは多分仲間の力(おかげ)だと思う。「ああ〜あの時大変だったな!」と言って、目の前の唐揚げを取って食べた。誰かが支えてくれたから、悲しみなんか感じなくなった。悲しいというと、悲しいより悲しいことことって何だろう。冬の軽井沢の朝、鳥が木の梢に止まって、別荘から流れてくるやさしいバイオリンの音を楽しんでいた。もし、その演奏をしている人の目に涙が溢れているのを見なければ(知らなければ)、この世界はいつもの軽井沢の朝のように素晴らしいと思うだろう。悲しいより悲しいのはぬか喜びだ。真紀さんはそう言った。ぬか喜びは、好きな人に対して、素直に本音を言えないこと。どんなに努力をしても、他人に認められないこと。夢を追いかけている途中で、現実に負けること。それは誰にとっても、涙を禁じ得ないものだ。しかし、君のそばに、きっと君を支えてくれる存在がある。泣いている時、「大丈夫か」と聞いてくれて、疲れた時、カツ丼をごちそうしてくれる人。そういう人が存在していて、支えてくれているから、私は絶対に倒れないと信じている。彼らのチームネームと同じく、人はDoughnut Holeのように、甘い喜びに夢中になる一方で、欠点がある。そして仲間の生き甲斐は、お互いの空白を埋めることだろう。もし人生が優れたメロディーなら、人と出会うことは情熱溢れるシンフォニーだ。

よく書けていると思います!
ちなみに、長文を添削してもらうときはlang-8の方が良いと思いますよ:)
Q: 作文は正しいですか :)
A: @poeta_kun23: 「5時半より前」は、5時半より前の時間全部を意味するので、5時半よりもっと早起きしたのなら7時の授業に間に合うよね、ということになります。
つまり、5時半より少しだけ前に起きたなら、と言いたいのなら、具体的な時間(5時20分とか)を書いたほうが意味が通じやすくなります。
Q: この作文には違いがありますか?お知らせいただけますか。
A:

あくまでも私の感性での添削ですが……

「物心がつくから」→「物心がつく前から」

「いつも小さくて静かなし都市」→「小さくていつも静かな都市」:
「いつも」は時間を表すので、時間によって変化する状況の前に付けると良いと思います。
静かさは昼と夜となどで大きく変化しますが、都市の規模は簡単には変化しません。

「上海なんての大都市と比べたら」→「上海なんかの大都市と比べて」

「利点がないと言われても」→「利点がないと言われようと」「利点が無いのだとしても」

「分厚くない」→「薄い」

「おのずと」→「何となく」:
「おのずと」は、他人に教えられなくても、自分で分かってくる、というニュアンスです。

「文句が平淡だけど」→「月並みな言い方だけど」:
日本語の「平淡」は、「安寧」や「静穏」に似た意味です。

「自身が柔らかい感じにさせられてしまう」→「自分が柔らかくなったような感じになる」

「ほとんどの時間には~光景がないで」→「街の大半がのどかな光景だが」

「都心は美しい~目に入ると」→「美しい○河に囲まれている都心が目に入ると」

「一度に気持ちがよくなれる」→「一気に気分が晴れやかになる」

「有名な旅先」→「有名な観光地」

「心からの~充実感こそ」→「心にしみるほどの穏やかさと充実感があることこそ」

「誇りと思う」→「誇りだと思う」「誇りであると思う」

「こんな静かさを続けると願う」→「今のこの静けさがずっと続いていくことを願っている」

こういう質問は、HiNativeではなく、Lang-8で聞くほうが良いと思いますよ。
私たちもLang-8のほうが回答しやすいです。
Q: 作文を見ていただきたいですが、間違ったところを是非教えてください。よろしくお願いいたします。

今日は私の寮を紹介させていただきたいです。大学の寮ですから、クラスメートの5人と一緒に住むことになっています。面白いことに、私たち6人はそれぞれ六つの省からやってきました。(省は日本の県にあたります)性格も方言も趣味も成長環境もずいぶん違っていますが、仲良く付き合ってきました。
私は一度交換留学生として、日本で一年間留学したことがあります。その時は一人暮らしでした。最初、自分のアパートを持っていることにすごく嬉しいでした。毎日、今日は出かけないと社会と繋がっていない状況になるよと思って、せっかく日本に来たから積極的にならなければならないなぁという覚悟を持って出掛けました。
A: 今日は私の寮を紹介させていただきたいです。
→今日は私の寮を紹介させてください。
(間違いというわけではないですが、このほうがすっきりします。)

成長環境
→育った環境

日本で一年間留学したことがあります。
→日本で一年間勉強したことがあります。
(すぐ前に「留学生」と出ているので、繰り返しを避けるといいでしょう)

自分のアパートを持っていることにすごく嬉しいでした。
→自分のアパートに暮らすことがすごく嬉しかったです。

状況になるよと思って
→状況になると思って

「おかえり」って言ってくれる人もいないでした。
→「おかえり」って言ってくれる人もいないのでした。





Q: この作文は7歳の小学生に書かれました。 この表現は自然ですか?
A: 受け身を使いたいのでしたら、
「今日、友達に殴られました」
「先生に授業を教わりました」
「姉に日記を読まれてしまいました」
などの例文が良いです。

「書く」「描く」「作る」などの動詞を使って受け身の文を作る時は「よって」(英語のby)が必要になります。
This picture is drawn by me. 「この絵は私によって描かれた」になりますが、あまりこうは言いません。「私がこの絵を描きました」の方が普通の言い方になります。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

作文

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問