使い分けるの例文や意味・使い方に関するQ&A

「使い分ける」を含む文の意味

Q:
“ありがとうございました”と”ありがとうございます”は使い分けなくても大丈夫な違いです。 とはどういう意味ですか?
A: 終わったことにお礼を言う時はどちらでもいいです。が、これから何かをしてもらうのなら「ありがとうございます」ですね。

例えば、
A:「コーヒー☕️をください。」
B:「分かりました。少々お待ちください。」
A:「ありがとうございます」

「使い分ける」の使い方・例文

Q: 使い分けて を使った例文を教えて下さい。
A: ⚫二か国語を使い分ける
⚫道具をうまく使い分ける
のように、目的やその場に応じた使い方をすることです。

「使い分ける」についての他の質問

Q: 「は」と「が」との使い分け方ですが、

・各PCにローカル管理者権限のアカウントが作成された。
・各PCにローカル管理者権限のアカウントは作成された。

この2つの例文の意味の違いは何でしょうか。
A: 「各PCにローカル管理者権限のアカウントが作成された。」
これは一般的で客観的な文章です。この文章だけで意味がわかります。


「各PCにローカル管理者権限のアカウントは作成された。」
これだけでは、意味が不明です。
この文は、他の情報の存在を示唆しています。
It implys some information else.

「各PCにローカル管理者権限のアカウントは作成された。しかし、一般ユーザのアカウントは作成されなかった。」のように使います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

使い分ける

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問