修士の例文や意味・使い方に関するQ&A

「修士」を含む文の意味

Q: 修士(しゅうし) とはどういう意味ですか?
A: 修士とは修士号という資格で一定以上の知識や技能を持つ人のこと。
上位互換に博士号がある。

「修士」の類語とその違い

Q: 修士号 と 修士 はどう違いますか?
A: 修士=master 修士号=master’s degree
Q: 修士 と 院生 はどう違いますか?
A: @eripon_singa74: ありがとうございます!

「修士」を翻訳

Q: 修士 は 日本語 で何と言いますか?
A: 修道士 (しゅうどうし shudoshi)

日语也有这个词「修士 (しゅうし shushi)」
不过它通常意味着 「硕士」。
Q: 修士一年级期间我想先上一些关于政治学的基础知识的课程。修士二年级有机会的话,想听听広岡老师的课。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 修士1年で政治学の基礎知識に関する講義を受けて、修士2年には広岡先生の講義を聴講したい。

「修士」についての他の質問

Q: 修士研究の計画、もしくは卒業研究の計画を発表する時、基本的に含めなければならない内容・ポイントとかありますか。(研究は始まっていない段階で)
A: 1番重要なのは当然「研究テーマ」です。
「研究テーマ」に於いて、何をしたいかを述べる必要があります。

第2に「そのテーマを選んだ理由」も必要ですね。
「そのテーマを選んだ理由」は「自分が興味を持ったきっかけ」と「研究する事の社会的意義」の2点から成り立ちます。
まず「自分が興味を持ったきっかけ」を述べ、次に「研究する事の社会的意義」を述べると良いでしょう。

第3は「研究の方向性」ですね。
同じ研究テーマでも研究方法によって様々な見方や結論が出るので、「しっかりとした方向性」が必要です。
出来れば、「方向性を決める段階」で「実験方法」や「実験機器」「実験期間」「対象人数」なども考えておくべきですが、学生の間は考えなくても大丈夫かもしれません。(これらは大学や研究室で用意できるもの次第で変わってくるので、学生の身で考えても大きな変更を余儀なくされるのは目に見えてるので)

第4は「仮説」です。
研究の結果、どのような結果が出るかは予め予測しておく必要があります。

第5は「先行研究」です。
全く新規の研究なら不要ですが、現実的に考えて全く新規の研究というものは存在しないと思います。それ故に過去の研究を基にした上で、自分の研究により既存の研究を発展させる事が肝要です。
「研究の前提条件となる理論」が確定しているデータがあれば、準備段階となる実験を省略する為の裏付けとなり、「失敗した研究結果」があれば、失敗した理由を見つけて修正する事で「成功する研究」を行える可能性が増えます。
また「仮説」を立てるにしても単なる自分の予想ではなく、複数の理論を組み合わせた結果の予測である事が重要です。
当然ですが、「研究する事の社会的意義」にも「先行研究」による裏付けは必要です。
なので、「先行研究」は「研究する事の社会的意義」「研究方法」「仮説」全てに対して、それぞれ見つけ出す必要があります。

教授の考え方や大学のレベルによって、必要なものは変化しますが、とりあえずは上記のものを用意しておくと良いでしょう。
ちなみに、もしpenguin930さんの研究内容が医学系なら「PubMed」と「医中誌」が「先行研究」や「仮説」を検索するのに役に立ちます。
他の学部では「Google Scholar」をよく使うと聞きますが、僕は使わないので使い勝手は不明です。
Q: 修士号を取得するの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: 修士課程の時に本格的に地元で起きた環境問題を研究して、論文にまとめてました。 この表現は自然ですか?
A: 修士課程の時に地元で起きた環境問題を研究して、論文にしました。
でもいいのでは?(^^)
Q: 修士は研究をするものだと言われていますので、私の目的とは違います。 この表現は自然ですか?
A: しばらく考えてみたのですが、うまく説明できなくて申し訳ないです。

修士は研究をするものだ

のところに違和感を一番感じます。
この一文は、厳格な誰かのセリフとしてなら、違和感ないのですが、

と言われています

が後に続くと、わたしは、なんとなく違和感を感じます。

通じないわけではないと思います。

編入、がんばってくださいね!
Q: 修士論文を作成した時に、データ処理をした経験があります。複雑なデータの中に欲しいものを発見する能力が持っています。 この表現は自然ですか?
A: 修士論文を作成した時に、データ処理をした経験があるので、複雑なデータの中から欲しいものを(瞬時に)見つけ出すことができます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

修士

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問