修行の例文や意味・使い方に関するQ&A

「修行」を含む文の意味

Q: 修行の途中からどんどん材質をもろくした同じ形のものを使わせられた。 とはどういう意味ですか?
A: 日本刀で竹を切る修行だと仮定します。

修行の最初は本物の日本刀を与えられて竹を切っていました。しかし、修行が進むにつれて、材質がもろい刀を与えられてしまいます。竹を切ろうとしても、逆に刀が折れてしまいます。
それを乗り越えて、うまく切れるようになるという修行なのですね。
Q: 修行させんもんねー とはどういう意味ですか?
A:

(ただでは)修行させない(よ)

(簡単には)修行させない(からな)

Q: 修行の一環。別に説明してくれませんか。 とはどういう意味ですか?
A: 言い換えで

修行のひとつ
Q: 修行中の身 とはどういう意味ですか?
A: under the training, desciplin.
Q: 修行にすらならん とはどういう意味ですか?
A: 「〜にすら ならない」の意味です。
「〜にすら(even)ならない(can’t be)」で、(it’s so easy that) it can’t even be a training のような意味だと思います。🙂

「修行」の使い方・例文

Q: 修行 を使った例文を教えて下さい。
A:

以下三つはややカジュアルな使い方です。
私は今、ドイツ語修行中なので、飲み会にはいきません。

私は学生なので、社会人になるまでの修行中の身です。

彼は英語修行でイギリスに行きます。


以下はより正しい使い方です。
あの宗派の修行は厳しい。
修行中は携帯電話を使えない。

参考にしてみて下さい。
Q: 修行 を使った例文を教えて下さい。
A: 滝にうたれる修行をする。
(I wii do hard training hit by waterfall.)

It is common in temples, animation and manga world.
Q: 修行 を使った例文を教えて下さい。
A: これは一人前になるための修行です

修行中です

修行が足りませんね

「修行」の類語とその違い

Q: 修行 と 練習 はどう違いますか?
A: どちらも、「何かをすること、何かに打ち込むこと」を意味しますが、
練習はかなり一般的な言葉で、修行は少し堅い言葉であると思います。

修行と言うと、お寺のお坊さんや、昔の忍者などをイメージするので、文脈が限られてくると思います。
Q: 修行 と 練習 はどう違いますか?
A: 修行の方が大変です。

練習という言葉は日常でよく使います。

・サッカーの修行にイタリアに3年間行く。
・料理の修行にプロの元で10年働く。

・学校でテニスの練習をしています。
・娘はよく家で料理の練習をしています。
Q: 修行 と 訓練 はどう違いますか?
A: がんばれ!
Q: 修行 と 練習 はどう違いますか?
A: training/practice
Q: 修行時間 と 修行期間 はどう違いますか?
A: 例)修行期間は11月18日から12月5日までです。修行時間は朝5時から夕方4時までです。

「修行」を翻訳

Q: 修行得道 は 日本語 で何と言いますか?
A: 修行して悟りを開く。

「修行」についての他の質問

Q: 修行だよ。自分の知らない自分が見えてくる。の発音を音声で教えてください。
A: しゅぎょうだよ。
Q:修行」という言葉は、「練習」や「トレーニング」と比べて、学問の修行修行僧など古風なイメージがあります。

この表現は自然ですか?
A: 自然です。
Q: 修行がたりんの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: 修行、行程、行脚、饅頭、容易、容易いの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: 修行はまだまだつっく この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

修行

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問