僻むの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「僻む」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 僻む(ひが・む) *私が物心つく頃には、母方も父方も祖母がいなかった。小学生の頃、クラスの同級生達が彼らのおばあちゃんに可愛がられているのを見ると、少々僻んでしまう自分がいた。 *お金持ちの女性を見ると、僻みそうになるので、自分に僻むな、僻むな、今でも十分幸せじゃないか、この上何がいる?金なんて持ちすぎたら、その管理が大変だぞ、と言い聞かせている。

    1. 使い方・例文
    2. ・人は、他人の成功を僻むものだよ。 ・僻みっぽい性格だと、幸せになれないよ。

    1. 使い方・例文
    2. そんなに僻んでも仕方がない。 彼は、彼女の功績(こうせき)に僻んでいる。

  • 「僻む」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 僻む:すなおに物事をとらえず、物事を誤解して、自分で自分が悪いと決めつけて すねること。negative feelings 羨ましい:人の事を、「いいなあ。自分もあんな風に なりたい/したい」と思うこと。でも、自分はそうではないので、相手に憧れる気持ちや 自分がそうではない残念な気持ちも含む。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

僻むの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。