再びの例文や意味・使い方に関するQ&A

「再び」を含む文の意味

Q: 再び自分は気まずくなってしまったことだ とはどういう意味ですか?
A: 自分はまた気まずく感じてしまった。 がいいですね!
Q: 再びおにぎりを並べに走ろうとした私に、バイトリーダーの泉さんが声をかける。 とはどういう意味ですか?
A:再びおにぎりを並べに走ろうとした私に、

(コンビニでアルバイトをしているAさんが、商品のおにぎりを 棚にならべるため 走ろうとしたら)

バイトリーダーの泉さんが声をかける。

アルバイトの人たちを まとめるリーダーの泉さんがAさんを よんだ。


という意味だと思います(^ ^)
Q: 再びオーストラリアに来て とはどういう意味ですか?
A: Come to Australia again!
Q:再び弱火で煮込み、適当なとろみがついたら火を止める”、ここの“つく”はどういう意味ですか? とはどういう意味ですか?
A: はい。「付着する」の「付く」の字です。
Q: 再び揺れたので、慌てた。
I shook again so I became flustered? I'm afraid I don't really understand.. とはどういう意味ですか?
A: It shook again so I became flustered.(there was another earthquake)

「再び」の使い方・例文

Q: 再び を使った例文を教えて下さい。
A: 再び会う日まで。
再びこんな悲惨な事件が起きないように祈ろう。
Q: 再び を使った例文を教えて下さい。
A: 再び会った

再び同じミスをする

再び訪れる
Q: 再び を使った例文を教えて下さい。
A: 10年後にようやく彼は、再び故郷の町を見た。 He saw his home-town again only after ten years.

1603年、ジェームズ一世が政権の座についたとき、フットボールは再び許可されたのです。 In 1603, when King James I came into power, football was allowed again.

1997年にマザー・テレサが死んだとき、世界の人々は再び驚いた。 In 1997, the world was surprised again when Mother Teresa died.

あなたがたの賃上げの要求は再び拒絶されました。 I'm afraid your request for a pay raise was turned down again.

あなたに再び会えて嬉しい。 I'm glad to see you again.

きのう私は、図書館で1ヶ月前に会った少女と再び出会った。 Yesterday I saw a girl whom I had met in the library a month before.

けれども、急にめまいがして、再び古びた椅子に座りこんだ。 But he suddenly felt dizzy and he sat down again in his old chair.
Q: 再び を使った例文を教えて下さい。
A: 再び使い続けた。
Q: 再び を使った例文を教えて下さい。
A: 再び地震が発生した

「再び」の類語とその違い

Q: 再び と また はどう違いますか?
A:

信頼を再び取り戻す。
再び過ちを犯す。
再びその地を訪れる。


再び」は改まった少し堅い言い方で、書き言葉に近く、同じ動作や状態を長期間にわたって繰り返している様子に聞こえます。


また来てください。
えっ、またですか?


日常で使う場合や、もっと短い期間、口語で使用するなら「また」を使うといいと思います。
Q: 再び と 二度 はどう違いますか?
A:
再び は また(又)と同じ使い方。再びの方がより難しい言い方。
例:彼が再び私の前に現れた。

二度はよく、二度と〜ないで使われる。
例:私はもう二度と彼に会わない。

二度目(2回目)という意味でも使われる。
例:このお店に来るのは二度目だ。
Q: 再び と 再度 はどう違いますか?
A: 再度は、文の頭にくることが多いです。

再びは、日常会話で聞いたことがありません。代わりに、「また」を使います。


•再度、アクセスし直してください。(インターネット回線が悪い時の表示)

•また、お腹が痛い。
•ディズニーランド楽しかったから、また行こう。
Q: 又 と 再び はどう違いますか?
A: 又=again
再び=again, repeatedly
Q: 再び と 再度 はどう違いますか?
A: 意味や用法は、基本的に同じだと思います。
個人的な感覚ですが、「再び」のほうが「再度」よりも主観的に感じます。

「再び」を翻訳

Q: again (de novo), Gtranslateは再びと言ったでもその方がないと思う。「一度」を使うのはいい方か は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: I want to go again —> Can I use 再び行きたい? は 日本語 で何と言いますか?
A: @Ponydia
yes
(私は)
再び行きたい。
•もう一度行きたい。
•また行きたい。
all ok.
Q: 다시 한 번 설명 부탁드려도될까요?
再びお説明お願いいたしませんか? は 日本語 で何と言いますか?
A: もう一度説明していただけませんか?

「再び」についての他の質問

Q: (ながら)を再び使えますか?
ーーーーーーーー
「このように、携帯電話のメールがだんだん便利な道具になっている。しかし、そう言いながら、きちんとした手紙を書くことが面倒になりながら、困ることもできちゃったのじゃないかと感じている。伝えたいことを自分の手できちんと書き表せる力はやっぱり失いたくないと思うからだ。」
A: ◯◯ながら、××しながら△△する。はOKですよ!

さらに言うと、
◯◯ながらも、××しながら△△する。
にするとより分かりやすいと思います。

なぜかというと、
1、「ながら」が連続する事を避けられます
2、「ながらも」は下の②の意味でしか使えないので、よりはっきりと文章の前半と後半のコントラストを示す事ができます。

①2つの動作を同時にする 〜ながら
②相反する動作や性質が同時に存在 〜ながら、〜ながらも

例)
食べながらテレビを見るのはいけません!そう言いながらも、私はスマホを見ながらご飯を食べている。

ここまでが、「ながら」を繰り返し使えるかの説明です。
ーーーーーーー

・・・なのですが、ここからは別の問題です。ちょっと変な感じがするところを直してみました。

修正例)
このように、携帯電話のメールがどんどん便利になってきている。
【A】しかし、そう言いながらも、携帯電話のメールのせいで、きちんとした手紙を書く事ができなくなって、困ることも出て来ちゃったのじゃないかと感じている。
【B】しかし、そう言いながらも、携帯電話のせいで手紙を書く事が少なくなったから、書きながら困ることも出て来ちゃったのじゃないかと感じている。
伝えたいことを自分の手できちんと書き表せる力はやっぱり失いたくないと思う。
Q: 再びはありがとうございます。 この表現は自然ですか?
A: and I thank you again and again
とにかく何度でも君にありがとうといいたい。

Thank you again for your good thoughts.
お心遣い重ねて感謝します。

Thank you very much again.
重ねてお礼申し上げます。
Q: 再び私を傷つけたら、絶交ですからね? この表現は自然ですか?
A: 今度(私を)傷つけたら

絶好だからね←friends
別れるからね←boy friend
Q: 再び日本に行きたい。 この表現は自然ですか?
A: I would say
また日本に行きたい。
もう一度日本に行きたい。
Q: 再び遊びたい Or 再び会いたい which is best for " I want to see/meet you gain"
A: また会いたいです。
また遊びたいよ。

等です。

再び
は書き言葉だと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

再び

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問