初秋の例文や意味・使い方に関するQ&A

「初秋」についての他の質問

Q: 初秋の早朝です。

私はちょうど今地下鉄で大学へ通っている。

最近、中級程度の日本語授業ので気分が疲れています。

しかも午前七時に言語を勉強するはあまり楽しくないですよ。

学生達は段々難い漢字や宿題を貰う。

羽叶先生は悪ではないでしょう、だけ大学の人生は大変だ。

しかし、今日ではそのすべて終します。


「弓菜さんお早うございます」

「ん、あっ  山田くんお早う」

「少し疲れましたね。私もだよ(笑)。今週はとても忙しかったね。何しろ金曜日ですから最後の試験は今日、週末を楽しみにしています。」

「はい、金曜日だと嬉しいですが、この試験の週間は生き地獄のように感じた。」

「心配ですか」

「最後の試験の為に、あのう少し心配でしょう。あなたはどうですか」


つづく... ご読了ありがとございました この表現は自然ですか?
A: 初秋の早朝。

私はちょうど今地下鉄で大学へ通っている。

最近、中級程度の日本語授業で疲れている。

しかも午前七時に言語を勉強するのはあまり楽しくない。

学生達は段々難しい漢字や宿題を出される。

羽叶先生は悪い人ではないが、大学生は大変だ。

しかし、今日でそのすべてが終わる。


「弓菜さんおはよう」

「ん、あっ  山田くんおはよう」

「少し疲れたよ。今週はとても忙しかった。今日が試験の最終日だから、週末が楽しみだよ。」

「うん、今日が金曜日なのは嬉しいけど、この試験の一週間を思うと地獄のようだったよ。」

「心配なの?」

「最後の試験だし、少し心配。君はどう?」


つづく... ご読了ありがとございました

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

初秋

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問