危機の例文や意味・使い方に関するQ&A

「危機」を含む文の意味

Q: 危機が迫る とはどういう意味ですか?
A: 危険を感じる
Q: 危機感 とはどういう意味ですか?
A: 危機感は、今のままでは危ないという不安や緊迫感です
Q: 危機感がある(おう?) とはどういう意味ですか?
A: To feel a sense of crisis a little more
Q: 危機を切り抜ける とはどういう意味ですか?
A: Come through a crisis

「危機」の使い方・例文

Q: 危機 を使った例文を教えて下さい。
A: 絶滅の危機
Zetumetu no kiki

「危機」の類語とその違い

Q: 危機 と 問題 はどう違いますか?
A: 危機 danger
問題 problem
Q: 危機 と 危険 はどう違いますか?
A: 「危険」は「危ないこと」という意味です。

危機」は「危険な状態・状況」という意味です。
Q: 危機 と 惨禍 はどう違いますか?
A: Both words have a similar meaning, but 惨禍 means more like a result of something terrible, and 危機 is a condition, which people should overcome or will be facing.
戦争は計り知れない惨禍を残した。(せんそうははかりしれないさんかをのこした)
戦争の危機が迫っている。(せんそうのききがせまっている)

「危機」を翻訳

Q:危機 は 日本語 で何と言いますか?
A: (文)空前(くうぜん)の危機(きき)
(口、slang)超ピンチ
Q: 危機就是轉機 は 日本語 で何と言いますか?
A: ピンチがチャンス

直訳は
ピンチこそが転機
Q: 危機感:例えばいつ使えますか は 日本語 で何と言いますか?
A: 「仕事で失敗して笑ってばかりいるけど、危機感が足りないんじゃないの?」

「30過ぎて周りの友達が次々に結婚していくのを見てて、段々と危機感を感じ始めた。」

「会社を辞めて新しい就職先は直ぐに見つかると思ってましたが、中々内定がもらえない状況に、正直危機感を感じてます。」

「危機」についての他の質問

Q: 危機下の発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: この危機は「切り抜けられる」
「切り抜ける」を置き換える表現として
「乗り切る」、「乗り越える」、「打開する」、「克服する」を
思いつきましたけど合ってますか?
他にも連想できる表現をお教えください。
A: 全部合ってますよ😊
他には、「危機を脱する」が似ていると思います。

危機を免れる」「逃れる」「回避する」もありますが、うまく危機に直面せずに済んだという感じになりますね。
Q: 危機を乗り越す この表現は自然ですか?
A: 危機を乗り越える
Q: 危機 ー 方言、紛失して忘れられた
2009にUNESCOの調査[1]によると、世界中に、約2,500言語を消滅するかもしれないである(UNESCO、2009)。日本では、北海道のアイヌ語は危機のレベルが「非常に深刻」だと言われているである[2][H]。結局、使い方が不十分によって方言は失われて忘れ去られるでしょう。方言は同じ使い道のためにもう二度使わないかもしれない、しかし保護促進活動や文化財的保存活動進行中ので、いつも日本社会に所属するだと思うである[C]。

According to a study of UNESCO in 2009[1], around 2,500 languages may disappear worldwide(UNESCO、2009). In Japan, the Ainu language in Hokkaido crisis level is said to be "very serious"[2][H]. Eventually, due to insufficient usage, dialects will be lost and forgotten. Dialects may never again be used for the same purpose, but since protection promotion activities and cultural asset preservation activities are ongoing, I think that they will always belong in Japanese society[C]. この表現は自然ですか?
A: 2009年のUNESCOの調査によれば、世界中の約2500言語が消滅するかもしれないとのことである。日本では、北海道のアイヌ語の危機レベルが「非常に深刻」だと言われている。結局、十分に使用されないことによって方言は失われ、忘れ去られるのだろう。方言は二度と同じようには使われないかもしれない。しかし、保護推進活動や文化財保存活動は進行中であり、方言は日本社会の中に存在し続けると考えている。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

危機

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問