参考の例文や意味・使い方に関するQ&A

「参考」を含む文の意味

Q: 参考にするから とはどういう意味ですか?
A: さんこう と読みます。

見本にする
お手本にする
↑が、おなじような いみ です。

英語だとrefer
Q:参考までに。 とはどういう意味ですか?
A: Just for your information
Q: 参考にしてくれる とはどういう意味ですか?
A: 参考にする is like using something as a reference.
役に立つ sounds more like to be helpful
Q: 参考までに とはどういう意味ですか?
A: 同じ意味です。「あなたにとって有益な参考情報になるだろうと思って書きます」という意味。提案というよりは厚意でしょうね。
Q: 参考価値 とはどういう意味ですか?
A: 参考価格 is prices of products or imported goods often set by their manufacturers or importers, not by retailers who we actually buy the products etc. from. My understanding is that retailers take the pricing into account when they decide their retail prices. :)

「参考」の使い方・例文

Q: 参考書 を使った例文を教えて下さい。
A: 受験のため参考書を買って勉強した。
参考書を何冊も買ったけど、まだ手をつけていない。
Q: 参考 を使った例文を教えて下さい。
A: 教科書を参考にする。
私は彼の上手なお手本を参考にした。
Q: 参考に を使った例文を教えて下さい。
A: この本は英文学の研究におおいに参考になる.
This book is a good guide to the study of English literature.
Q: 参考 を使った例文を教えて下さい。
A: 参考にします。
I will use it for reference.

彼は私たちにこの本を参考にするようにと言った。
He referred us to this book.

私はその本を参考に値段を決定する。
I will decide the price in reference to that book.

「参考」の類語とその違い

Q: 参考 と 参照 はどう違いますか?
A: 参考は、自分の考えや意見を決めるために、他の人の意見を聞いたり資料を見たりすることです。
参照は、単に資料などを確認することです。

例文:
あなたの回答は大変参考になりました。
詳しくはこちらの資料を参照してください。
Q:参考になさってください と ご参考になさりください はどう違いますか?
A:参考になさってください
は、自然な文章ですが、

参考になさりください
は、日本語としておかしいです。
Q: 参考になる と 勉強になる はどう違いますか?
A: 参考: 物事をするため、既に他人がおこなった方法や述べた意見、それに関係が深い事柄などをとりあげ、自分の考えのたしにすること。
勉強: 学問や技芸などを学ぶこと。
Q: 参考 と 参照 はどう違いますか?
A: 参照よりも参考の方が広い意味で使われます。
参照は、グラフ、図、文書など、見比べられる物を対象にします。
参考はそれに加えて、他人の意見のような目に見えない物も対象に入ります。
参照の方が堅い言い方です。だれかと会話する時には「参照」はあまり使いません。
また細かい違いですが、参照する、参考にすると言うのが自然で、参考する、参照にするとは言いません。
例文
・お手元の資料をご参照ください
・お手元の資料をご参考にしてください。
・「参照:125ページ,図3」
・彼の意見を参考にして物件を選んだ
×彼の意見を参照して物件を選んだ
Q: 参考 と 参照 はどう違いますか?
A: 参考→自分の意見を決めるために他人の意見や資料を見ること。
参照→文章や図を見ること。

例文
先生の意見を参考に予定を立てる。
詳しいデータは地図帳を参照してください。

「参考」を翻訳

Q:参考までに」という言葉なんですが、
使い方が分からなくて気になります。
下の意味で、両方使えますか?


1.(私が参考するため下さい)
私が参考までに下さい。

2.(あなたが見て勉強に参考できるようにこれを渡す。)
参考までに提供します。
は 日本語 で何と言いますか?
A: 1. 「私が参考までに下さい」は不自然です。
「私が勉強したいので、“あなたのノートを”参考までにください」もしくは、欲しいものを示して「(これを)参考までに下さい」

2. OK
Q: 参考すると参照するの使い分けはなんですか? は 日本語 で何と言いますか?
A: 参考にするは,自分が考えるときに考慮に入れるということです。
参照するは,何か元となる文書があって,それを見て考慮に入れるということです。
Q: 图片仅供参考,请以实物为准 は 日本語 で何と言いますか?
A: 写真は参考イメージです。
実物と異なる場合がございます。
Q: 参考 は 日本語 で何と言いますか?
A: 参考(さんこう)

「参考」についての他の質問

Q: 参考[[までに]]どうぞ
までにってここでどういう意味ですか?
A: 参考"まで"というのは、参考を最大限として、それ以上ではないということです。

役に立つかは分からないけど、参考になりそうな情報を伝えるときに使うフレーズです。
Q:参考までにメールのやり取りを添付いたしました。
I have attached the mail correspondence for your reference.
この表現は自然ですか?
A: Fine. I would probably say ご参考までに、これまでのメールのやり取りを添付いたしました。
Q:参考へマニュアルを追加しました。
実際な流れを説明させていただきます。
I have attached the manual for your reference.
I will explain the exact procedure. この表現は自然ですか?
A:参考までにマニュアルを添付いたします。
追って実際の手順を説明させていただきます。

「ご参考までに」はとてもよく使います。お客様相手でも、社内のちょっとした遣り取りでも(簡単に、「FYI」の一言だけでメールを送るのと同じで、「ご参考まで~」と一言書いてファイル添付したりウェブURLを送ったりという感じです)。
Q: 参考書や問題集を勉強します。 この表現は自然ですか?
A: 参考書や問題集で勉強します。
or
参考書や問題集を使って勉強します。

are natural.
Q:参考にする この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

参考

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問