口止めの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「口止め」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. まず、 口止め=あることを他人に話さないように禁じる 口止めとは、あることを他人に話さないように禁じること (ぐらいに、「言葉の定義」ということをはっきりさせる) 「禁じる、を、『この定義の説明』に使う辞書もあるようですが、あまり一般的な=口語的な表現ではない」です (間違いって程ではない) ので、次に、 「禁じる」という言い方を直す 口止め =(特に、他者に暴露されては・他人に知られては、都合が悪い事実などの)あることを他人に話さないように頼むこと・場合によっては強制させること 禁ずる=政府や、人の集まり、団体(どんな個人間の話でも使えるわけではない)が「自らが、しようと思えば、ある程度強制力を及ぼすことができる相手に・たとえば、「全くの見知らぬ相手に・もしくは、力関係が全くの同等の場合、『あなたが~~することを禁じます』という文は不自然」 (一般的なルールとして)人に「~するな・~してはいけません」という事柄に、(例)「喫煙を禁ずる」「喫煙禁止エリア」などといいます。 友達同士で、口止めされる(話さないようにお願いされる・頼み込まれる、などされる)ということなどです。 友達に口止めされているから、ということを「あのことについては、口止めされていて、そのことについて話すのは"禁止"されているから」などと表現するのは、多くの場合、おかしいです。 「"恋人から禁止されているから"ならOK・一種の力関係があるから」 「親から、ゲームは禁止だって言われているんだ。最近ゲームしすぎちゃってね」など「親から子、夫婦間、など、あるていどの『力関係を及ぼす』ことができる場合」には使えます。(ある店から、その店の客に対して、等。「ペット持ち込み禁止」など) また「一回きりの事ではなく、『習慣として、ルール・ポリシー、として』そうするのは許可しません」という、ことです。(日ごろからそうしてはいけません) その中学校では、学生は化粧は禁止されている。 **(辞書の定義の文は、一般の感覚とは言葉の使われ方が違うことが、ままあります。「実際のニュアンス」とは、感覚が一般市民の感覚とは、微妙にずれているときが珍しくないです。)(辞書には字数制限があるので、それを言ったら辞書編纂(へんさん)者の方がかわいそうですね…。)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

口止めの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。